2022年05月23日お知らせ

約100万件の育児相談データを保有する「エンゼル110番」を活用

森永乳業が保有する育児情報×AI音声アシスタント
Amazon Alexaに対応した「育児サポートスキル」を開発 赤ちゃんを抱っこしたままハンズフリーで育児相談、離乳食の作り方を確認できる
子育てに関わる全ての方を応援

 森永乳業は、Amazon がスマートスピーカーなどに搭載しているAI音声アシスタント「Amazon Alexa」※1に対応した新サービス「育児サポートスキル」の提供を5月25日(水)より順次開始いたします。スマートスピーカーに話しかけるだけで、育児相談や離乳食作りなど育児に関する気になる情報を音声と動画で提供します。



 日本国内の出生数は緩やかな減少傾向※2が続いていますが、出産後も仕事を続ける女性や育児に積極的に参加する男性も増えています。また、今年4月から育児・介護休業法が改正※3され、男性の育児休業取得を促進するため、「出生時育児休業制度」が新設されるなど、子育てや家族の在り方における多様化の流れは今後さらに広がっていくと思われます。

 当社は100年以上にわたって、赤ちゃんの健康のために育児用ミルクの研究と開発を進めています。1975年に育児に関する無料電話相談窓口「エンゼル110番」※4を開設し、育児の悩みや不安に寄り添ってまいりました。その相談件数は2022年半ばには100万件を超えることが見込まれていることから、これまでに「エンゼル110番」に寄せられた相談や当社が保有する育児コンテンツをデータ化し、Amazon が提供する音声AI音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応した「育児サポートスキル」の開発に至りました。
 当社グループは、コーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」のもと、森永乳業グループ10年ビジョンにて「サステナブルな社会の実現に貢献し続ける企業へ」を掲げています。今後も子どもたちの健やかな成長を応援できる環境作りなど、当社グループならではの取り組みを通じて社会課題の解決に貢献してまいります。

※1 Amazon AlexとAlexaスキル
Amazonのスマートスピーカーに搭載されたアプリ。第三者が開発可能な機能「Alexaスキル」が備わっており、Amazon側の審査を通過するとAmazon Alexaスキルストアに公開され、Alexaを搭載したデバイスに「アレクサ、○○(作成したスキル名)を起動して」などと呼びかけて使えるようになる。
※2厚生労働省 (出生数、合計特殊出生率)
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-01-07.html
※3厚生労働省(育児・介護休業法について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html
※4エンゼル110番
エンゼル110番は森永乳業が1975年に開設した無料電話相談サービス。妊娠中のお母さんから育児でお悩みのパパなど、小学校入学前までのお子さんをお持ちの方を対象にしており、その相談件数は2022年半ばには100万件を超えることが見込まれる。(https://www.angel110.jp/)



TOP