2020年07月31日お知らせ

森永乳業の育児ニュース『エンゼル110番レポート第85号』
「コロナ禍で寄せられたママたちの不安と悩み」

 森永乳業は、時代とともに変化する母親像の理解に役立つことを願い、1993年4月から「エンゼル110番レポート」を発行しております。このレポートでは、育児相談窓口「エンゼル110番」*への相談内容から、育児に関する傾向についてまとめています。
 *エンゼル110番とは「子育て奮闘中のお母さんたちのお役に立ちたい」という思いから、1975年5月に開設した育児相談窓口で、2020年5月に45周年を迎えました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始めた2月以降、エンゼル110番にも多くのママやパパからたくさんの不安や心配が寄せられています。「エンゼル110番レポート 第85号」では、どのような相談ごとが寄せられたのかをまとめました。

【概要】
・1回線当たりの通話時間は増加傾向にあり、5月には過去最長の約18分になった。
・Webサイトの閲覧件数も増加傾向にあり、2月は前年比218.37%と倍増。その後も増加傾向が続いた。
・感染が拡大するごとに、新型コロナウイルス感染症に関する相談が増え、4月に入るとすべての相談に影響がみられるようになった。
・時間が経つごとに「自粛疲れ」という言葉が出てくるようになったが、5月下旬になると少しずつ前向きな相談が増え始めた。

◇エンゼル110番 電話相談運営概要◇
相談対象:妊娠中~小学校就学前まで
相談員数:17名(保健師、管理栄養士、心理相談員など)
平均勤続年数:15.6年
ウェブサイト: https://www.angel110.jp/
フリーダイヤル:0800-555-110



TOP