2019年10月25日商品情報

3つの機能性を表示して、リニューアル

「充実野菜 1日分の緑黄色野菜120g分使用」
10月28日(月)週より宅配専用でリニューアル発売

 森永乳業は、2001年に株式会社伊藤園(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:本庄 大介)からのブランド貸与を受けて発売した宅配専用商品「充実野菜」を、3つの機能性表示を取得して10月28日(月)週よりリニューアル発売いたします。



 森永乳業の宅配では、健康志向の高まりから、継続摂取いただきたい“ビフィズス菌BB536”や“シールド乳酸菌®”、“ラクトフェリン”などを配合した付加価値の高いミルクやヨーグルトをはじめ、計100種類以上の商品を販売しており、主に50~80代の方を中心にご好評いただいております。

 健康志向の高まりや手軽に飲める便利さを背景に、近年の野菜飲料市場は伸長しています(※1)。 
 一方で、緑黄色野菜の摂取は不足しがちであり、厚生労働省「健康日本21」が定める推奨量1日120gに対して、日本人の成人の平均摂取量は男性85.7g、女性89.5gとなっています(※2)。また食物繊維も、1日当たりの目標量が18~69歳で男性20g以上、女性18g以上に対して、平均摂取量は1日当たり14g前後と推定されています(※3)。
※1 ㈱富士経済「2017年食品マーケティング便覧 詳細抜粋部分」 
※2厚生労働省「平成 29 年国民健康・栄養調査結果の概要」
※3厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」、「e-ヘルスネット」

 本商品に含まれる「難消化性デキストリン」には、糖や脂肪の吸収を抑え、食後の『血糖値』や『血中中性脂肪』の上昇を抑制する、『お腹の調子を整える』機能が報告されています。
 このたび、“1本で1日分の緑黄色野菜”のコンセプトはそのままに、「食後の血糖値・血中中性脂肪の上昇を抑える」、「おなかの調子を整える」の3つの機能性を表示しました。甘いものや脂っこいものがお好きな方の食生活をサポートしながら、不足しがちな野菜や食物繊維を補うことができます。30種類の野菜と1日分の緑黄色野菜(120g)を使用しており、砂糖、食塩、香料不使用で仕上げることで自然なおいしさにこだわりました。

 手軽に“1本で1日分の緑黄色野菜”を摂ることができる「充実野菜 1日分の緑黄色野菜120g分使用」をお飲みいただき、健康的な食生活にお役立てください。



TOP