2019年10月21日研究開発

松本市立病院×松本市×森永乳業 産官連携

松本市民の出産や育児を支援する取り組みを開始 ~森永乳業の50年にわたるビフィズス菌研究を活用~

長野県松本市立病院、長野県松本市、森永乳業の三者は、2019年10月より『赤ちゃんの健康に関する調査と松本市民の出産育児を支援する取組み』を開始いたします。本取り組みは、健康寿命延伸都市構想を掲げる松本市と松本市立病院が推進する活動に当社が賛同し、実施するものです。
森永乳業では、育児用ミルクの研究開発を原点として赤ちゃんの腸内フローラに着目し、“ビフィズス菌”の研究をはじめて50年を超える歴史があります。これまでに、ビフィズス菌や腸内フローラの分野で数多くの研究成果を発表しており、また、赤ちゃんの健全な成長をサポートするため、当社のビフィズス菌をNICU(新生児集中治療室)や小児科など、これまでに全国120以上の施設に提供してまいりました。
このような長年における研究の知見や経験を活かして、松本市立病院で出生されるお子さまとそのご家族を対象に健康調査と出産育児を支援する取り組みを共同で開始いたします。

【松本市との出産育児支援活動と赤ちゃんの健康調査に関する概要】
松本市で出産を考えている妊婦および松本市立病院で生まれた赤ちゃんの健康支援を目的に、“妊娠期や産前産後の栄養摂取”や“乳幼児期の腸内フローラやビフィズス菌と健康との関わりについて”の市民講座を松本市立病院とともに開催します。出産育児のサポートを行うことで、ご家族の「かがやく“笑顔”のために」貢献します。
また、松本市立病院で生まれた赤ちゃんを対象とした調査内容をご説明の上、ご同意いただいた方を対象にビフィズス菌による赤ちゃんの腸内環境への影響と健康状態を調査します。



TOP