2015年10月27日研究開発

ノロウイルス等の腸管感染に対する
“ラクトフェリン”の抑制作用とメカニズムに関する最新研究 11月2日(月)より開催される「第12回国際ラクトフェリン会議」にて発表のご案内

 森永乳業は、ノロウイルス等の腸管感染に対する“ラクトフェリン”の抑制作用とメカニズムについての最新の研究成果を11月2日(月)より6日(金)までウエスティンナゴヤキャッスルホテル(愛知県名古屋市西区)にて開催される第12回国際ラクトフェリン会議にて発表いたします。
 
 本会議では、麻布大学獣医学部との共同研究で行った、ラクトフェリンとその消化物のマウスマクロファージ細胞におけるマウスノロウイルス増殖抑制作用および細胞死抑制作用や、名古屋大学農学部との共同研究で行った、ラクトフェリンの腸上皮細胞への取り込み機構の経時的観察が発表されるほか、当社はラクトフェリンのヒト腸上皮細胞におけるインターフェロン・ラムダ(ウイルス増殖抑制物質)産生促進作用などを発表する予定です。
 これらの研究で示された内容は、今年大流行が予想される(※1)ノロウイルスの感染防御に関する“ラクトフェリン”の作用機構を考察する上で重要な知見であると考えております。
今後も森永乳業では、人々の健康増進に繋がる機能性食品素材“ラクトフェリン”の研究開発を行ってまいります。

 なお、第12回国際ラクトフェリン会議にて発表する当社研究および当社共同研究の内容については会議終了後に改めてご案内させていただきます。

(※1)国立感染症研究所と川崎市健康安全研究所よると、今年初めよりノロウイルスが変異し、ヒトが免疫を持たない新型ノロウイルスGII.17が国内各地で感染を広げていることが発表された。ノロウイルス感染者の増える秋から冬にかけて大流行の可能性があるとされる。


TOP