2011年04月11日お知らせ

「エンゼル110番」被災地域専用臨時相談窓口(フリーダイヤル)
設置について

 平成23年3月11日に発生いたしました東日本大震災により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

森永乳業株式会社(社長:古川 紘一)は、東北6県を対象に、「エンゼル110番」被災地域専用臨時相談窓口(フリーダイヤル)を設置することといたしました。
「エンゼル110番」は、1975年に開設し36年の歴史を持つ無料の電話相談窓口で、妊娠中から学齢期まで、妊娠・育児に関する相談を受けています。日本各地、ときには外国からの利用も含めて、この36年間に85万件をこえる相談が寄せられています。ご家族の抱えている悩みや問題を聴き、保健師、管理栄養士、心理相談員などの経験豊富な相談員が、一人ひとりが自分なりに問題を解決できるようにサポートしております。
通常は、通話料のみご負担いただいておりますが、このたび開設する被災地域専用臨時相談窓口は、よりご相談しやすい環境にするため、フリーダイヤルにてご利用いただけます。
被災地域の、妊娠中から小学生就学前までのお子さまの、育児に関するお悩み、疑問をお持ちのご家族および関係者の皆さまを、電話相談で支援してまいります。

「エンゼル110番」被災地域専用臨時相談窓口概要

■電話番号    フリーダイヤル 0120-014-039
             *携帯電話、PHS、衛星電話からもおかけいただけます。
■開設期間       2011年4月11日(月)~2011年9月30日(金)
■受付時間    10時~14時 (日・祝日を除く)
■対象者        妊娠中~小学生就学前までのお子さまをもつ、ご家族および関係者
■対象地域    青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
*新潟県、茨城県等対象地域の拡大も予定しております。

※対象地域以外からは、フリーダイヤルではおつなぎできません。
通常の「エンゼル110番」(東京:03-3405-0110、大阪:06-6365-0110)をご利用ください。
受付時間・対象者は臨時相談窓口と同様です。
<「エンゼル110番」ホームページ>http://www.angel110.jp/


                                           「エンゼル110番」被災地域専用臨時相談窓口(フリーダイヤル)設置について


TOP