品質・安全 Quality & Food Safety

品質・安全を支えるもの 品質管理システム

製造業務の原則として、品質ルールに基づいた高品質の商品を製造し、工場ごとに商品に適合した独自の品質管理システム「MACCP」(森永乳業版HACCP)を構築しています。

※Hazard Analysis and Critical Control Point:食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法。

森永乳業独自の品質管理システム「MACCPシステム」

森永乳業独自の衛生管理システム(MACCP)

森永乳業の工場における品質管理システムが「MACCPシステム」です。「MACCPシステム」とその前提条件となる一般衛生管理を総合的にチェックするのが品質監査です。品質管理システムを支え、最終的に品質を支えているのは人であり、教育・訓練のしくみは最重要課題といえます。

「MACCPシステム」は森永乳業独自のHACCPのことです。HACCPを基本とし、安全性に加えて本来商品に備わっているべき品質を作りだすためのシステムであり、お客さまに安心していただける商品を提供すること、安定した製造を行うことを目的としています。特徴として危害分析を重視し、未然防止と再発防止を徹底します。その上で、工程管理と検査による総合的な管理により、常に品質向上を目指します。「MACCPシステム」はHACCP同様、良質素材と一般衛生管理の確立を前提条件としています。

品質監査

安心を支える社内教育プログラム

森永乳業では、「品質」を作り上げるのは「人=社員」であるとの考えから、さまざまな機会を設けて社員教育を行っています。
お客さまに安全で安心な商品をお届けするためには、社員一人ひとりの品質管理に対する意識の向上と、品質を維持する技術・技能の向上が必要です。そこで、社員が品質に対してより高い意識を持つために、製造を担当する部門の研修では必ず品質管理を取り上げ、さらに、専門家の育成のための研修を行っています。
また、製造に直接携わらないあらゆる部門の社員に対しては、品質を守ることの重要性や当社の品質の維持向上のための取り組みなどを理解する研修も行っています。

生産部門における階層別の集合研修

生産部門の各階層に必要な技術や知識を習得するため、本社、工場、研究所などの技術系社員を対象として、それぞれの目的を明確にした段階的な研修体系を構成しています。
下図のような集合研修のほかにも、工場ごとに「MACCPシステム」による教育プログラムを実施し、社員一人ひとりの品質管理に必要な技能の向上を図っています。

生産部門研修体系図

品質管理の専門家の育成

品質管理に関する専門家の育成も、製造技術者の育成と並行して行っています。
(1)計量管理実務研修:商品を製造する際、原料を正確に計量すること、商品に表示されている内容量と実際の商品の内容量が合っていることは、品質を担保する上で重要です。そのために、計量法、計量器の原理および校正の実務などを学びます。
(2)品質管理責任者研修、品質管理アセッサー研修、品質管理個別研修:品質管理室は、工場における工程・作業の質や製造のできばえを、検査により確認・検証しています。工場の品質管理室員やその責任者に求められる知識や能力の向上と品質管理体制の強化を目的として、集合・グループ研修を実施しています。
また、工場における品質の内部監査員としての品質管理アセッサーも養成しています。
(3)微生物検査実務者研修(初級・中級・エキスパート):食品衛生の観点から、食品を汚染する微生物の管理は重要な課題です。微生物の性質や、検査の意味、技術を学ぶことで、微生物管理に関する専門家を育成しています。

技術の伝承と向上のために「森永ミルク大学・長期研修」

森永ミルク大学は当社の生産部門の社内教育機関として、「技術・技能の伝承」「品質技術の維持向上」を目的に2002年9月に開校しました。20〜30歳代を中心とする生産に携わる技術者10名前後が3ヶ月間にわたって合宿形式で学習する研修で、2011年2月までに11回開講しています。
開講当初は、受講する本人への技術の伝承、能力の向上が主な目的でした。近年では、研修で学んだ内容を受講生自らが「教材」としてまとめ、各工場で利用しています。工場では、この教材をOJTや、研修に参加していない若手技術者の工場内研修、機械のメンテナンス時などに活用し、人財育成を図っています。

ページトップ