研究開発ストーリー 素材研究

森永乳業の
アロエステロール®研究

アロエベラの未知の機能性食品成分を見つけるために

アロエベラの葉肉は、食用に利用されるだけでなく、アジアの一部では糖尿病の民間療法にも使われているが、未知の効果や有効成分がまだまだ残されていることに着目し研究に着手。苦難の末発見した有効成分「アロエステロール®」とは?

アロエベラの新しい可能性を信じて

アロエベラの未知の成分を見つけに

森永乳業は1994年に日本で初めてアロエ入りヨーグルト「森永アロエヨーグルト」を商品化した。これまで多くの方に召し上がっていただき、アロエベラのおいしさや食感は広く知られるようになったが、それだけではない“新しい可能性”を見つけ出したいという想いから、2003年に研究を開始した。
アロエベラはアロエの一種で、葉は大きくて厚みがあり、透明な葉肉は苦味がないため食用にも利用されている。アロエベラのベラとは、ラテン語で「真実」という言葉で、アロエベラは「真実のアロエ」という意味がある。日本で「アロエ」としてよく知られているのは「キダチアロエ」という品種で、葉が細く、食べると苦味が強い。

アロエベラは古くから、塗布による創傷治癒など外用による効果は知られていたが、経口摂取による効果については十分な検討が行われていなかった。だが、科学論文検索の結果、東南アジアやインドで、糖尿病の民間療法的に使用されている報告があったため、その検証を行ったところ、アロエベラ葉肉の摂取により、高血糖値改善効果が確認できたため、経口摂取による抗糖尿病効果の有効成分を探し出すことにした。

3年の月日をかけ、アロエベラから有効成分を発見

ところが、アロエベラ葉肉の中には予想以上に多くの成分が含まれており、その中から活性を示す成分を見出すことは容易ではなかった。アロエベラには非常に優れた効果を示す未知の機能性食品成分が含まれていることを確信していたので、なんとかこの食品成分を見つけて、お客さまの笑顔に貢献できる商品としてお届けしたいという一心で研究を進めた。

長期間にわたる成分分離作業と、そこから得られた多くの分離した成分の中で有効成分が含まれているか確認する作業を繰り返し、植物の細胞膜に極微量含まれていた5つの有効成分を見つけ出すまでに3年という月日を要した。ようやく見つけた、そのアロエベラ葉肉から見出したその有効成分に“アロエステロール®”と名前を付けた。アロエステロール®と似た構造を持つ植物ステロール※は多数存在するが、アロエステロール®の科学的報告はわずかで、いまだ人工的な全合成に成功していない。
研究が進むにつれ、アロエステロール®の力を実感し、さまざまな大学の先生方との共同研究のもとに科学的エビデンスを積み重ねてきたが、商品化にはなかなか結びつかなかった。そこで、アロエの持つイメージに近い美肌効果についての研究を始めた。商品化には、アロエステロール®を効率的にアロエから取り出す技術も開発できたことで量産化の目途が立ち、ようやく商品化が決まったときは感無量であった。一方、まだまだアロエステロール®の認知度はそれほど高くはなく、研究者の立場からもこの素材を育てていく使命を感じている。

※植物ステロール:植物に広く含まれる脂質で細胞膜を構成する成分。

当社アロエステロール®研究の経緯

2006年 アロエステロール®をアロエベラゲルの抗糖尿病有効成分として同定し論文発表。
2008年 アロエステロール®の抗肥満効果を確認。
2010年 アロエステロール®が摂取後、血中に移行することを確認し、日本油化学会において発表。(東北大学・池田郁男教授との共同研究)
2011年 アロエステロール®が糖・脂質代謝調節に関わるPPARのリガンド活性を有することを確認。(京都大学・河田照雄教授との共同研究)

新発見の成分、アロエステロール®で特許を取得

希少成分アロエステロール®がもたらす効果を解明

アロエステロール®とは、森永乳業が新たに発見した植物生まれの“特許取得新美容食品成分”で、アロエベラ葉肉に含まれている5種類の植物ステロールの総称である。アロエベラの葉7.5トンからわずか1グラムしか取れない非常に希少な成分だ。通常の植物ステロールがコレステロールの吸収を抑える働きがあるのに対し、アロエステロール®は抗肥満効果、抗糖尿病効果、美肌効果など、さまざまな効果が確認されている。
アロエベラ葉肉は、古くから健康食品や民間療法として使用されてきたが、その有効成分は不明だった。森永乳業は、研究を重ねて有効成分、アロエステロール®を初めて見つけ、他の植物ステロールとは異なる、抗肥満効果や抗糖尿病効果、美肌効果などの特徴を持つことを確認し、国内で10以上の用途特許を取得した。

アロエステロール®の新たな効果とは

アロエステロール®は、経口摂取された後、分解されることなく吸収され、血中に移行することがわかっている。最新の研究で皮膚真皮内に存在する「線維芽細胞」に直接働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を増やすことを確認。食べて、内側からキレイを自ら創り出すことを明らかにした。また、肝臓や脂肪の細胞に働きかけ、糖・脂質代謝を亢進することも確認されている。

アロエステロール®配合のドリンクヨーグルトが誕生

アロエステロール®には、腸で吸収される、継続して効果が出るという二つの特長がある。そこで、整腸効果があり、毎日の食習慣に無理なく取り入れられる食品ということでヨーグルトを選び、開発を進めることになった。小容量ドリンクヨーグルトは、健康機能性タイプの商品が主流となっているが、アロエステロール®の特長を活かすべく「美容」に対して新しい概念を打ち出したドリンクヨーグルトを2014年に発売した。

商品を摂取した方からは、「飲用継続を開始してから一週間くらいで乾燥しなくなった」「ハリや艶が良くなった」「化粧のノリが良くなった」「洗顔後、顔がつっぱらない」「シワが気にならなくなった」「タルミが改善した」、男性からは「髭剃り後が良かった」「ひじ、すねがしっとりした」といった声が寄せられている。これからも幅広い方々の肌の健康に役立つ商品として育てていきたい。

TOP