主な学会発表

2017年

  • 演題

    乳児常在性ビフィズス菌の特徴とビフィズス菌Bifidobacterium breve M-16Vの臨床効果

    学会名
    第17回新生児栄養フォーラム
    開催年月
    2017.06
    発表者
    村田 麻衣
  • 演題

    シイクワシャー抽出物摂取のインスリン抵抗性誘発筋萎縮に対する効果

    学会名
    第71回日本栄養・食糧学会
    開催年月
    2017.05
    発表者
    岡本朋之 前田奈穂* 成田和* 坂田穏行 大塩和孝 中村浩彦 岩本洋 難波和美 吉澤史昭* 武田安弘
    *宇都宮大学農学部生物資源科学科
  • 演題

    高たんぱく質負荷SDラットの腎皮質エイコサノイドに対する魚油の摂取効果の検討

    学会名
    第71回日本栄養・食糧学会大会
    開催年月
    2017.05
    発表者
    守田俊介 小久保英利 園木浩文 中村浩彦 難波和美 岩本洋 武田安弘
  • 演題

    オリゴ糖3種とBifidobacterium breve 投与が新生仔マウス消化管発達及び腸内細菌叢に及ぼす影響

    学会名
    第71回日本栄養・食糧学会
    開催年月
    2017.05
    発表者
    和泉裕久 江原達弥 菅原宏祐 松原毅 密山恵梨 中里友紀 津田宗哉 清水隆司 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 武田安弘
  • 演題

    プロセスチーズ類の風味特性に及ぼす濃縮果汁の効果

    学会名
    日本家政学会第69回大会
    開催年月
    2017.05
    発表者
    日高絢子 上西信 水野礼 阿部忠博 池田三知男
  • 演題

    乳たんぱく質素材の消化性とGLP-1分泌刺激活性に関する検討

    学会名
    日本農芸化学会2017年度大会
    開催年月
    2017.03
    発表者
    小松陽介 和田泰明 井上大輔* 和泉裕久 清水隆司 武田安弘 比良徹* 原博*
    *北海道大学農学研究院
  • 演題

    アロエステロール経口摂取によるヒト皮膚機能に及ぼす影響

    学会名
    日本農芸化学会2017年度大会
    開催年月
    2017.05
    発表者
    鍋島かずみ 田中美順 三澤江里子 齊藤万里江 山内恒治 阿部文明 山本有紀* 古川福実*
    *和歌山県立医科大・皮膚科
  • 演題

    ビフィズス菌の摂取が幼児の下痢や感冒様症状の発症に与える影響の検討

    学会名
    日本農芸化学会2017年度大会
    開催年月
    2017.03
    発表者
    柳澤尚武 L.Amy Sie-Yik* 小林洋大 清水(肖)金忠 L.Min-Tze*
    *マレーシアサインズ大学
  • 演題

    洪水災害後の衛生環境悪化に起因する腹部症状と腸内細菌叢の関係およびビフィズス菌 M-63 摂取による精神状態の改善効果

    学会名
    日本農芸化学会2017年度大会
    開催年月
    2017.03
    発表者
    菅原宏祐 小田巻俊孝 Y.Nurhazwany*1 L.Min Tze*2 清水(肖)金忠 L.Yeong Yeh*1
    *1マレーシアサインズ大学医学研究科,*2マレーシアサインズ大学産業技術研究科

2016年

  • 演題

    運動前のカゼインペプチドの摂取は、カゼイン摂取と比較して高脂肪食摂食に伴う内臓脂肪蓄積と糖代謝異常を改善する

    学会名
    第168回日本体力医学会関東地方会
    開催年月
    2016.12
    発表者
    松永裕 田村優樹*1 坂田穏行 野中雄大*2 齋藤史子 中村浩彦 清水隆司 武田安弘 八田秀雄*2
    *1日本体育大学、*2東京大学大学院
  • 演題

    ビフィズス菌BB536含有ミルクの継続摂取が中高年者の心身へ及ぼす影響

    学会名
    日本抗加齢協会第1回学術フォーラム
    開催年月
    2016.12
    発表者
    岩淵紀介
  • 演題

    Features and health benefits of human-residential bifidobacteria, findings from genomic and clinical investigations
    「ヒト常在ビフィズス菌の特徴と保健機能、ゲノム解析および臨床研究からの新知見」

    学会名
    5th Asian Federation of Societies for Lactic Acid Bacteria International Symposium (第5回AFSLAB国際シンポジウム)
    (Taipei, Taiwan)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    JZ.Xiao
  • 演題

    Compositional dynamics of Bifidobacterium in human gut with aging: a study at the species/subspecies-level.
    「加齢に伴う腸内Bifidobacterium属菌種構成の変化」

    学会名
    5th Asian Federation of Societies for Lactic Acid Bacteria International Symposium (第5回AFSLAB国際シンポジウム)
    (Taipei, Taiwan)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    A.Horigome, K.Kato, E.Mitsuyama, H.Sugahara, T.Odamaki, JZ.Xiao, and R.Osawa*
    *Department of Bioresource Science, Graduate School of Agricultural Science, Kobe University
  • 演題

    Effects of bovine lactoferrin and lactoperoxidase-containing tablets on oral malodor and oral microbiota
    「ウシラクトフェリンおよびラクトパーオキシダーゼ配合タブレットの口臭および口腔内細菌叢に対する効果」

    学会名
    BIT's 3rd Annual World Congress of Oral & Dental Medicine-2016
    (Kaohsiung, Taiwan)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    M.Nakano, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, and F.Abe
  • 演題

    Comparison of the survival rate of bifidobacteria under various preservation conditions
    「様々な食品形態および保存条件下におけるビフィズス菌生残性の比較」

    学会名
    Fourth International Scientific Symposium on Probiotics and Prebiotics (ISSPP2016)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    Y.Sato, H.Miyauchi, H.Ochi, and F.Abe
  • 演題

    Prediction of final product texture by near infrared spectroscopy of cheese during cooking
    「チーズクッキング中の近赤外分光分析による最終製品物性の予測」

    学会名
    The 5th Asian Near-Infrared Symposium and the 32nd Japanese NIR Forum
    開催年月
    2016.11
    発表者
    Y.Amo, and K.Inagaki
  • 演題

    乳酸菌Lactobacillus paracasei菌体の摂取による健常女性の感冒症状に対する効果

    学会名
    日本食品免疫学会 第12回学術大会(JAFI2016)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    村田麻衣 高橋幸子 岩淵紀介 山内恒治 阿部文明 近藤順子*1 三浦公志郎*2
    *1東筑紫短期大学食物栄養学科、*2九州女子大学家政学部栄養学科
  • 演題

    Development of milk for coffee: Effect of manufacturing conditions on foaming properties of milk
    「コーヒー用ミルクの開発:製造条件がミルクの泡沫特性に及ぼす影響」

    学会名
    The 26th International Conference on Coffee Sciences (ASIC2016)
    開催年月
    2016.11
    発表者
    S.Hatakeyama, M.Akiyama, Y.Mizota, and M.Ikeda
  • 演題

    Distinctive features and clinical benefits of human-residential bifidobacteria
    「ヒトに棲息するビフィズス菌の際立った特徴と臨床における有用性」

    学会名
    Fourth International Scientific Symposium on Probiotics and Prebiotics (ISSPP2016)
    開催年月
    2016.10
    発表者
    M.Murata, J.Minami, H.Sugahara, T.Odamaki, N.Iwabuchi, K.Yamauchi, J.Xiao, and F.Abe
  • 演題

    乳仔期の母子分離による脳発達異常に対するラクトフェリンの改善効果・第2報―生化学解析

    学会名
    日本ラクトフェリン学会第7回学術集会・2016年度臨床ラクトフェリン研究会合同大会
    開催年月
    2016.11
    発表者
    宮川桃子 若林裕之 山内恒治 阿部文明 別所麻由子* 杉山晶彦* 竹内崇*
    *鳥取大学農学部獣医臨床検査
  • 演題

    Inhibition of norovirus infection by lactoferrin and its hydrolysate
    「ラクトフェリンとその分解物によるノロウイルス感染の抑制」

    学会名
    IDF World Dairy Summit 2016
    開催年月
    2016.10
    発表者
    H.Oda, K.Fujino*, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, F.Abe, and S.Taharaguchi*
    *Laboratory of Veterinary Microbiology II, Department of Veterinary Medicine, Azabu University
  • 演題

    抗菌成分ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合食品の口腔内細菌叢改善効果の検討

    学会名
    日本歯科衛生学会 第11回学術大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    中野学 菅原宏祐 小田巻俊孝 若林裕之 山内恒治 阿部文明 村上浩史* 石川健太郎* 弘中祥司*
    *昭和大学歯学部
  • 演題

    乳たんぱく質加水分解物(ペプチド)の摂取が高齢者の脳機能に及ぼす影響

    学会名
    第71回日本体力医学会大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    齋藤史子 中村浩彦 武田安弘 木村憲*
    *東京電機大学
  • 演題

    運動前のカゼインペプチド摂取は、カゼイン摂取と比較して遅筋線維におけるミトコンドリア酵素活性を向上させる

    学会名
    第71回日本体力医学会大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    松永裕 田村優樹*1 斉藤史子 中村浩彦 武田安弘 八田秀雄*2
    *1日本体育大学 *2東京大学大学院
  • 演題

    冷菓の摂食・嚥下特性に関する研究

    学会名
    第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    井上恵介 竹塚真義 池田三知男 堀一浩* 小野高裕*
    *新潟大学大学院医歯学総合研究科
  • 演題

    生体計測によるチルドデザート等の介護食への適性評価

    学会名
    第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    櫻井英樹 西垣壽人 池田三知男 堀一浩* 小野高裕*
    *新潟大学大学院医歯学総合研究科
  • 演題

    ヒト常在性ビフィズス菌種と宿主との親和性について

    学会名
    第68回日本生物工学会大会
    開催年月
    2016.09
    発表者
    小田巻俊孝 堀米綾子 菅原宏祐 南淳一 阿部文明 清水金忠
  • 演題

    Difference of bifidobacterial species in compatibility with human breast milk
    「ヒト母乳との親和性に関するビフィズス菌種の違い」

    学会名
    PropioBifido2016 : 4th International Symposium on Propionibacteria and Bifidobacteria
    開催年月
    2016.09
    発表者
    T.Odamaki, A.Horigome, J.Minami, T.Sakurai, N.Hashikura, H.Sugahara, and J.Xiao
  • 演題

    Age-related changes in the composition of gut microbiota from newborn to centenarian: a cross-sectional study.
    「加齢に伴う腸内細菌叢の変化−0歳から100歳以上まで−」

    学会名
    PropioBifido2016 : 4th International Symposium on Propionibacteria and Bifidobacteria
    開催年月
    2016.09
    発表者
    K.Kato, T.Odamaki, E.Mitsuyama, N.Hashikura, A.Horigome, H.Sugahara, J.Xiao, and R.Osawa*
    *Department of Bioresource Science, Graduate School of Agricultural Science, Kobe University
  • 演題

    Investigation of flavor compounds affecting the sensory characteristics of a Lactobacillus-fermented milk beverage during refrigerated storage
    「乳酸菌飲料の冷蔵保存中の官能特性に影響を及ぼす香味成分に関する研究」

    学会名
    IUFoST2016: 18th World Congress of Food Science & Technology
    開催年月
    2016.08
    発表者
    T.Suzuki, M.Akiyama, Y.Sato, M.Okaue, Y.Murakami, M.Onishi, Y.Mizota, H.Ochi, R.Koizumi, M.Ikeda, and H.Iwabuchi
  • 演題

    HRB (Human-Residential Bifidobacteria) のリゾチーム耐性機序

    学会名
    日本乳酸菌学会2016年度大会
    開催年月
    2016.07
    発表者
    桜井琢磨 橋倉那波 南淳一 山田明男 小田巻俊孝 清水(肖)金忠
  • 演題

    Changes of the state of calcium and protein in low fat and full fat processed cheese during cheese making
    「低脂肪および高脂肪プロセスチーズ製造時におけるカルシウムと蛋白質の状態変化について」

    学会名
    American Dairy Science Association, 2016 Joint Annual Meeting
    開催年月
    2016.07
    発表者
    N.Shirashoji, H.Aoyagi*, T.Abe, and M.Ikeda
    *Life Sciences and Bioengineering, Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba
  • 演題

    Effect of Bifidobacterium longum BB536 on gut environmental condition of mice with human gut-derived microbiota
    「ヒト腸内細菌叢保有マウスの腸内環境に対するBifidobacterium longum BB536の影響」

    学会名
    INRA - ROWETT 2016 (10th Joint Symposium organised by Institut National de la Recherche Agronomique and Rowett Institute of Nutrition and Health)
    開催年月
    2016.06
    発表者
    H.Sugahara, T.Odamaki, and J.Xiao
  • 演題

    母乳による腸内菌叢制御機構〜各ビフィズス菌種の由来と母乳に対する親和性の違い〜

    学会名
    第20回腸内細菌学会
    開催年月
    2016.06
    発表者
    小田巻俊孝
  • 演題

    育児用ミルクのオリゴ糖の組み合わせがビフィズス菌増殖促進作用に与える影響について

    学会名
    第16回新生児栄養フォーラム
    開催年月
    2016.06
    発表者
    江原達弥
  • 演題

    Difference of live and heat-killed Bifidobacterium breve M-16V in regulation of immune function and intestinal gene expression
    「宿主の免疫機能と腸内環境に対するBifidobacterium breve M-16V生菌体および加熱殺菌体による影響の違い」

    学会名
    International Conference on Beneficial Microbes-2 (ICOBM-2)
    開催年月
    2016.05
    発表者
    R.Yao, H.Sugahara, T.Odamaki, and J.Xiao
  • 演題

    紫外線照射したヒト皮膚3次元モデルにおけるアロエステロールの影響

    学会名
    第70回日本栄養・食糧学会大会
    開催年月
    2016.05
    発表者
    三澤江里子 田中美順 齊藤万里江 鍋島かずみ 姚瑞卿 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    Prediction of Cheddar cheese maturation with the fluorescence fingerprint
    「蛍光指紋によるチェダーチーズ熟成度の推定」

    学会名
    IDF Cheese Science & Technology Symposium
    (Dublin, Ireland)
    開催年月
    2016.04
    発表者
    A.Chiba, M.Kokawa*1,2, M.Tsuta*2, J.Sugiyama*2, H.Koishihara, T.Okawa
    *1Research Fellow of Japan Society for Promotion of Science, *2National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
  • 演題

    Control of pH improves the rennet coagulation properties of heated skim milk
    「スキムミルクのpH調整による加熱処理後のレンネット凝固性の改善」

    学会名
    IDF Cheese Science & Technology Symposium
    (Dublin, Ireland)
    開催年月
    2016.04
    発表者
    S.Ikegami, F.Ciocia*, P.F.Fox*, P.L.H.McSweeney*
    *University College Cork
  • 演題

    Effects of milk protein isolate on the properties of cheddar cheese during ripening
    「ミルクプロテインアイソレートの添加がチェダーチーズの熟成に与える影響」

    学会名
    IDF Cheese Science & Technology Symposium
    (Dublin, Ireland)
    開催年月
    2016.04
    発表者
    S.Ikegami, F.Ciocia*, D.Waldron*, P.L.H.McSweeney*
    *University College Cork
  • 演題

    ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合食品の摂取による感冒症状に及ぼす影響

    学会名
    日本農芸化学会2016年度大会
    開催年月
    2016.03
    発表者
    新光一郎 若林裕之 杉田千泰*1 吉田裕樹*1 佐藤圭創*1 園田徹*2 山内恒治 阿部文明 黒川昌彦*1
    *1九州保健福祉大学・薬学部、*2九州保健福祉大学・保健管理センター
  • 演題

    ラクチュロース-ラフィノース-ガラクトオリゴ糖の組み合わせが新生仔マウス消化管に与える影響の検討

    学会名
    日本農芸化学会2016年度大会
    開催年月
    2016.03
    発表者
    江原達弥 津田宗哉 松原毅 和泉裕久 中里友紀 岩本洋 武田安弘
  • 演題

    アロエステロール含有ヨーグルト摂取による皮膚に及ぼす影響

    学会名
    日本農芸化学会2016年度大会
    開催年月
    2016.03
    発表者
    田中美順 三澤江里子 鍋島かずみ 齊藤万里江 山内恒冶 阿部文明
  • 演題

    機能性乳酸菌(Lactobacillus paracasei MCC1849株)飲料の冷蔵保存における官能特性と香味成分の変化

    学会名
    日本農芸化学会2016年度大会
    開催年月
    2016.03
    発表者
    鈴木泰輔 秋山正行 佐藤由康 岳上美紗子 村上祐介* 大西正展* 溝田泰達 越智浩 小泉玲子 池田三知男 岩渕久克*
    *三栄源エフエフアイ
  • 演題

    マルチオミクス解析で見えてきた腸内菌叢を介したビフィズス菌の生理作用

    学会名
    第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会
    開催年月
    2016.02
    発表者
    菅原宏佑
  • 演題

    高齢化率24%の地域に暮らす在宅高齢者における運動機能と筋肉量、血中BCAA濃度との関連について

    学会名
    第19回日本病態栄養学会
    開催年月
    2016.01
    発表者
    園木浩文 中村浩彦 武田安弘 宇野嘉弘*1 森田浩之*2 石塚達夫*3
    *1岐阜県総合医療センター総合診療科 *2岐阜大学大学院医学系研究科総合病態内科学分野 *3岐阜市民病院総合診療・リウマチ膠原病センター

2015年

  • 演題

    Differences between human-residential and non-human-residential bifidobacteria
    「ヒトに棲息する種類とヒトに棲息しない種類のビフィズス菌の違い」

    学会名
    The 1st International Symposium Creation and Future Trends in Food and Agricultural Immunology (CFAI)
    (Sendai, Japan)
    開催年月
    2015.12
    発表者
    T.Odamaki
  • 演題

    Potential anti norovirus activity of lactoferrin and its peptides
    「ラクトフェリンとそのペプチドの抗ノロウイルス作用の可能性」

    学会名
    XIIth International Conference on Lactoferrin
    (Nagoya, Japan)
    開催年月
    2015.11
    発表者
    H.Oda, K.Fujino*, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, F.Abe, and S.Taharaguchi*
    *Laboratory of Veterinary Microbiology II , Department of Veterinary Medicine, Azabu University
  • 演題

    Oral supplementation of bovine lactoferrin and lactoferrin-hydrolysate attenuates skin damage in UVB-irradiated hairless mice
    「UVB照射モデルマウスにおけるラクトフェリンおよびラクトフェリン分解物投与による皮膚障害の改善効果」

    学会名
    XIIth International Conference on Lactoferrin
    (Nagoya, Japan)
    開催年月
    2015.11
    発表者
    M.Murata, H.Kakita*, S.Ohkubo*, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, F.Abe, and Y.Nomura*
    *Applied Protein Chemistry, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture and Technology
  • 演題

    A randomized, double-blind, crossover, placebo-controlled clinical trial to assess effects of a tablet containing lactoferrin and lactoperoxidase on oral malodor
    「ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ含有錠菓の口臭抑制効果:ランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験」

    学会名
    XIIth International Conference on Lactoferrin
    (Nagoya, Japan)
    開催年月
    2015.11
    発表者
    M.Nakano, E.Shimizu*, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, and F.Abe
    *Shimizu Dental Clinic
  • 演題

    Development of a novel immuno-enhancing formula containing bovine lactoferrin
    「ウシラクトフェリンを含む新規免疫流動食の開発」

    学会名
    XIIth International Conference on Lactoferrin
    (Nagoya, Japan)
    開催年月
    2015.11
    発表者
    N.Seto, Y.Takeda, J.Hashimoto, T.Koyama, I.Shinoda, M.Takase, and N.Azuma*
    *Department of Applied Biochemistry, Faculty of Agriculture Utsunomiya University
  • 演題

    Bioactive peptides released by gastrointestinal digestion of human milk and infant formula in suckling rat pups
    「乳児ラットの消化管におけるヒト乳と育児用ミルクの消化により生じる生理活性ペプチド」

    学会名
    XIIth International Conference on Lactoferrin
    (Nagoya, Japan)
    開催年月
    2015.11
    発表者
    Y.Wada and B.Lonnerdal*
    *Department of Nutrition, University of California, Davis
  • 演題

    Identification of an IgG1-mediated anaphylaxis marker and its application in evaluating the antigenicity of infant formulas
    「IgG依存的アナフィラキシーマーカーの同定と育児用ミルクの抗原性評価への応用」

    学会名
    XXIV World Allergy Congress (WAC 2015)
    (Seoul, Korea)
    開催年月
    2015.10
    発表者
    T.Matsubara, H.Iwamoto, Y.Nakazato, K.Namba, and Y.Takeda
  • 演題

    Changes of antimicrobial peptide alpha-defensin and microbiota during growth in young mice.
    「マウスの成長に伴う抗菌ペプチドα-ディフェンシンと腸内細菌叢の変化」

    学会名
    3rd World Congress on Targeting Microbiota
    (Paris, France)
    開催年月
    2015.10
    発表者
    T.Satoh, K.Nakamura*, H.Sugahara, K.Kato, T.Odamaki, J-z.Xiao, T.Ayabe*
    *Department of Cell Biological Science, Faculty of Advanced Life Science, Graduate School of Life Science, Hokkaido University
  • 演題

    乳由来ペプチドによるアルツハイマー病モデルマウスの認知機能への効果検討

    学会名
    第34回日本認知症学会学術集会
    開催年月
    2015.10
    発表者
    小林洋大 山田明男 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    In-line monitoring of cheese texture by near-infrared spectroscopy
    「近赤外分光法によるチーズ物性のインラインモニタリング」

    学会名
    IDF World Dairy Summit 2015
    (Vilnius, Lithuania)
    開催年月
    2015.09
    発表者
    Y.Amo and K.Inagaki
  • 演題

    Effects of lactoferrin on the production of interferon lambda by human intestinal epithelial cell line HT-29
    「ヒト腸管上皮細胞株HT-29のインターフェロンλ産生に及ぼすラクトフェリンの影響」

    学会名
    IDF World Dairy Summit 2015
    (Vilnius, Lithuania)
    開催年月
    2015.09
    発表者
    K.Shin, H.Oda, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, and F.Abe
  • 演題

    The effects of long-term shiikuwasha extract supplementation on age-related loss of skeletal muscle mass
    「シイクワシャー抽出物の長期摂取が加齢性筋萎縮に及ぼす影響」

    学会名
    第7回「栄養とエイジング」国際会議(ILSI)(ポスター)
    開催年月
    2015.09
    発表者
    T.Okamoto, Y.Sakata, K.Oshio, H.Nakamura, H.Iwamoto, K.Namba, Y.Takeda, and F.Yoshizawa*
    *Department of Agrobiology and Bioresources, Faculty of Agriculture, Utsunomiya University
  • 演題

    Effects of industrial heating processes of milk-based enteral formulas on site-specific protein modifications and their relationship to in vitro and in vivo protein digestibility
    「流動食の加熱殺菌方法の違いが乳たんぱく質構造とその消化性に及ぼす影響」

    学会名
    第7回「栄養とエイジング」国際会議(ILSI) (ポスター)
    開催年月
    2015.09
    発表者
    Y.Wada and B.Lonnerdal*
    *Department of Nutrition, University of California, Davis
  • 演題

    加齢に伴う腸内細菌叢の変化―0歳から100歳以上まで−

    学会名
    第7回「栄養とエイジング」国際会議(ILSI)
    開催年月
    2015.09
    発表者
    小田巻俊孝
  • 演題

    遺伝子型および表現型の評価から見えてきたヒト由来ビフィズス菌の優位性

    学会名
    平成27年度酪農科学シンポジウム
    開催年月
    2015.09
    発表者
    菅原宏佑 小田巻俊孝 南淳一 清水金忠
  • 演題

    生体計測による食品のテクスチャーマッピングと製品評価への応用

    学会名
    日本食品科学工学会第62回大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    櫻井英樹 若尾庄児 大川禎一郎
  • 演題

    冷菓製品に含まれる乳成分がフレーバーリリースに与える影響

    学会名
    日本食品科学工学会第62回大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    小田巻伊都子 井上恵介 大西正展* 岩井大 竹塚正義 大川禎一郎 岩渕久克*
    *三栄源エフ・エフ・アイ 
  • 演題

    製造条件の違いによるアイスクリームのTDS評価

    学会名
    日本食品科学工学会第62回大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    齋藤達哉 井上恵介 岩井大 竹塚真義 大川禎一郎
  • 演題

    Temporal Dominance of Sensations によるバニラアイスクリーム類の評価

    学会名
    日本食品科学工学会第62回大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    井上恵介 岳上美紗子 渡部加苗 岩井大 竹塚真義 大川禎一郎
  • 演題

    植物性脂肪分を含有する飲料の長期常温保存における乳化安定性の短期評価系および評価方法の開発

    学会名
    日本食品科学工学会第62回大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    水嶋勇樹 秋山正行 溝田泰達 大川禎一郎
  • 演題

    CFDを用いた掻き取り式熱交換器における擬塑性流体の流動・混合状態の検討

    学会名
    日本食品工学会第16回(2015年度)年次大会
    開催年月
    2015.08
    発表者
    宮本哲夫 中沼浩 稲垣孝二 三角隆太* 仁志和彦* 上ノ山周*
    *横浜国立大学工学研究院
  • 演題

    成長に伴うマウスの腸内細菌叢や抗菌ペプチドα-ディフェンシンの変化及びその関係

    学会名
    日本乳酸菌学会2015年度大会
    開催年月
    2015.07
    発表者
    佐藤拓海 中村公則* 菅原宏佑 加藤久美子 岩淵紀介 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 阿部文明 綾部時芳*
    *北大・先端生命科学研究院
  • 演題

    Effect of ingestion of yogurt supplemented with Bifidobacterium longum BB536 on the gut microbiota disturbance caused by animal-based diet
    「肉食時の腸内細菌叢変化に対すBifidobacterium longum BB536含有ヨーグルト摂取の影響」

    学会名
    International Scientific Conference on Probiotics and Prebiotics (IPC2015) (Budapest, Hungary)
    開催年月
    2015.06
    発表者
    K.Kato, T.Odamaki, H.Sugahara, JZ.Xiao, and F.Abe
  • 演題

    Microarray analysis of the functional RNAs in bovine milk whey-derived exosomes and their effects on human macrophages
    「牛乳乳清由来エクソソーム中機能性RNAのマイクロアレイ解析とヒトマクロファージへの作用」

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    H.Izumi, M.Tsuda, Y.Sato, N.Kosaka*, T.Ochiya*, H.Iwamoto, K.Namba, and Y.Takeda
    *National Cancer Center Research Institute
  • 演題

    Cross-sectional study on the relationship between probiotic milk consumption and health status in older Japanese: relationship with sleeping status
    「日本の男女中高年における、ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取と健康状態に関する横断研究:睡眠状態との関連」

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    N.Yanagisawa, J.Minami, S.Saitoh*1, T.Odamaki, JZ.Xiao, F.Abe, and T.Shimoda*1,2
    *1Tokyo Healthcare University, *2Tenshi College 
  • 演題

    A new production process for demineralized whey for infant formula
    「育児用調製粉乳へ配合するホエイの新規な脱塩方法」

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    T.Okawa, Y.Ushida, M.Shimada, N.Seki, N.Watai, M.Ohnishi, Y.Tamura, and A.Ito*
    *Tokyo Institute of Technology
  • 演題

    Supplementation of a protein-free diet with whey hydrolysates prevents skeletal muscle mass loss in rats
    「ホエイペプチド摂取による低栄養動物モデルラットにおける筋肉維持効果」

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    Y.Kobayashi, Y.Somoto, E.Mitsuyama, A.Tanaka, N.Yuda, A.Yamada, K.Yamauchi, F.Abe, and T.Nagasawa* *Iwate University
  • 演題

    Effect of fish oil on glomerular hyperfiltration in rats with a high protein intake
    「高たんぱく質負荷ラットにおける糸球体過剰濾過に対する魚油添加の効果

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    S.Morita, E.Kokubo, H.Sonoki, H.Nakamura, K.Namba, and Y.Takeda
  • 演題

    Dietary supplementation with Aloe vera gel extract (AVGE) prevents chronic ultraviolet B radiation-induced skin photoaging in hairless mice.
    「アロエステロール抽出物(AVGE)の経口摂取は、UVB照射により誘導されるヘアレスマウスの皮膚光老化を予防する」

    学会名
    ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition
    (Yokohama, Japan)
    開催年月
    2015.05
    発表者
    E.Misawa, M.Tanaka, M.Saito, R.Yao, K.Nabeshima, K.Yamauchi, and F.Abe
  • 演題

    アロエステロールパウダー(AVGP)は女性ホルモン低下による皮膚光老化促進を予防する

    学会名
    第114回日本皮膚科学会総会
    開催年月
    2015.05
    発表者
    姚瑞卿 田中美順 三澤江里子 齊藤万里江 鍋島かずみ 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    オリゴ糖の組み合わせがビフィズス菌の増殖に与える影響の検討

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    江原達弥 津田宗哉 和泉裕久 中里友紀 岩本洋 難波和美 武田安弘
  • 演題

    日本の男女中高年における、ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取と健康状態に関する横断研究 結果1 −調査対象者の生活習慣、健康意識、罹患経験率−

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    柳澤尚武 南淳一 齋藤さなえ* 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 阿部文明 下田妙子*
    *東京医療保健大学
  • 演題

    日本の男女中高年における、ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取と健康状態に関する横断研究 結果2 −乳酸菌飲料摂取と体重、排便状態、QOLおよび各種疾患経験との関係−

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    南淳一 柳澤尚武 齋藤さなえ* 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 阿部文明 下田妙子*
    *東京医療保健大学
  • 演題

    牛乳中エクソソームのRNA解析とヒト細胞 (THP-1) への作用

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    津田宗哉 和泉裕久 佐藤洋平 小坂展慶* 落谷孝広* 岩本洋 難波和美 武田安弘
    *国立がん研究センター
  • 演題

    中高年者に対する乳たんぱく質10g摂取が身体栄養状態に及ぼす影響

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    川上智美 宮ア桂介 秋山正行 牛田吉彦 山内恒治 冨永友也*1 熊谷修*2
    *1とみなが内科医院 *2人間総合科学大学
  • 演題

    光老化モデルマウスに対するラクトフェリンおよびラクトフェリン分解物投与によるしわ形成抑制効果

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    村田麻衣 大久保俊平* 柿田ひとみ* 若林裕之 山内恒治 阿部文明 野村義宏*
    *東農工大農・硬蛋研
  • 演題

    ヒト腸管上皮細胞株HT-29のインターフェロンλ産生に及ぼすラクトフェリンの影響

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    新光一郎 織田浩嗣 若林裕之 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    アロエステロール(R)含有AVGPによる皮膚弾力性低下予防作用のメカニズムの解明

    学会名
    日本農芸化学会2015年度大会
    開催年月
    2015.03
    発表者
    齊藤万里江 田中美順 三澤江里子 姚瑞卿 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    Oral administration of Bifidobacterium breve B-3 modifies metabolic functions.
    Bifidobacterium breve B-3株の経口摂取が代謝機能に及ぼす作用について」

    学会名
    Probiota 2015(Amsterdam, Netherlands)
    開催年月
    2015.02
    発表者
    Jun-ichi Minami, Toshitaka Odamaki, Shizuki Kondo, Naotake Yanagisawa, Shigeru Nakajima*1, Yukie Hamamoto*1, Sanae Saitoh*2, Taeko Shimoda*2, Fumiaki Abe, and Jin-zhong Xiao
    *1NAKAJIMA Medical Clinic *2Faculty of Healthcare, Division of Medical Nutrition, Tokyo Healthcare University
  • 演題

    Oral administration of Bifidobacterium breve B-3 modifies prevents skin from photoaging.
    Bifidobacterium breve B-3株の経口摂取による肌の光老化防止作用について」

    学会名
    Probiota 2015(Amsterdam, Netherlands)
    開催年月
    2015.02
    発表者
    Satoshi Endo, Jun-ichi Minami, Takumi Satoh, Mai Murata, Toshitaka Odamaki, Shizuki Kondo, Noriyuki Iwabuchi, Hiroyuki Wakabayashi, Koji Yamauchi, Fumiaki Abe, and Jin-zhong Xiao
  • 演題

    高齢化率24%の地域に暮らす在宅高齢者の筋肉量とビタミンD摂取量について

    学会名
    第18回日本病態栄養学会年次学術集会
    開催年月
    2015.01
    発表者
    園木浩文 中村浩彦 難波和美 武田安弘 宇野嘉弘*1 森田浩之*2 石塚達夫*3
    *1岐阜県総合医療センター 総合診療科 *2岐阜大学大学院 医学系研究科 総合病態内科学分野 *3岐阜市民病院 総合診療・リウマチ膠原病センター

2014年

  • 演題

    ヒト常在ビフィズス菌と非常在ビフィズス菌の母乳に対する親和性の違いについて

    学会名
    日本乳酸菌学会2014年度秋季セミナー・酢酸菌研究会
    開催年月
    2014.12
    発表者
    橋倉那波 小田巻俊孝 南淳一 清水(肖)金忠 阿部文明
  • 演題

    マイクロウェーブ酸分解-ICP-質量分析法による調製粉乳中ヨウ素分析

    学会名
    第108回日本食品衛生学会学術講演会
    開催年月
    2014.12
    発表者
    藤崎浩二 松本宏志 下川由紀子 清瀧兼司
  • 演題

    長期的なミルクペプチド摂取が運動習慣を有する女性の体組成・体感に及ぼす効果

    学会名
    第27回日本トレーニング科学会大会
    開催年月
    2014.11
    発表者
    齋藤史子 中村浩彦 武田安弘 渡邊久仁紀*1 冨永友也*2
    *1(株)タニタフィッツミー *2とみなが内科医院
  • 演題

    Temporal Dominance of Sensations によるプリンの風味評価
    (日本官能評価学会優秀発表賞)

    学会名
    日本官能評価学会2014年度大会
    開催年月
    2014.11
    発表者
    丘上美紗子 山田幸宏 渡部加苗 小泉玲子 住正宏
  • 演題

    ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合錠菓の口臭抑制効果:単回摂取後の持続性と長期継続摂取の影響の予備検討

    学会名
    日本ラクトフェリン学会第6回学術集会
    開催年月
    2014.11
    発表者
    新光一郎 中野学 若林裕之 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合粉末の口臭抑制作用機構

    学会名
    日本ラクトフェリン学会第6回学術集会
    開催年月
    2014.11
    発表者
    中野学 新光一郎 若林裕之 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    ラクトフェリンの食中毒菌に対する抗菌作用の動画観察

    学会名
    日本ラクトフェリン学会第6回学術集会
    開催年月
    2014.11
    発表者
    若林裕之 村田麻衣 織田浩嗣 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    乳酸菌 Lactobacillus paracasei MCC1849殺菌体の摂取が液性免疫に及ぼす影響

    学会名
    日本食品免疫学会2014年度大会(JAFI2014)
    開催年月
    2014.10
    発表者
    岩淵紀介 新井聡 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 阿部文明 八村敏志*
    *東大院農生科・食の安全研セ
  • 演題

    下部消化管開腹手術症例への手術前後のビフィズス菌摂取による手術後の手術部位感染(SSI)、栄養状態、炎症反応と腸内菌叢に及ぼす影響

    学会名
    日本食品免疫学会2014年度大会(JAFI2014)
    開催年月
    2014.10
    発表者
    清水金忠 高橋幸子 小田巻俊孝 阿部文明
  • 演題

    近赤外分光法によるゲル状食品摂取時の唾液反応評価に関する研究

    学会名
    日本味と匂学会 第48回大会
    開催年月
    2014.10
    発表者
    杉野将尉 若尾庄児 岳上美紗子 渡部加苗 小泉玲子 住正宏 大川禎一郎 碓井晋平* 小幡亜希子*
    *株式会社日立ハイテクノロジーズ 新事業創生本部 プロジェクトマネジメントセンタ ブレインサイエンスプロジェクト
  • 演題

    シイクワシャー抽出物の筋萎縮抑制作用の検討
    (若手奨励賞)

    学会名
    第36回日本臨床栄養学会総会・第35回日本臨床栄養協会総会 第12回大連合大会
    開催年月
    2014.10
    発表者
    坂田穏行 大塩和孝 岡本朋之 中村浩彦 難波和美 武田安弘 吉澤史昭*
    *宇都宮大学農学部生物資源科学科
  • 演題

    高齢動物でのシイクワシャー抽出物の長期摂取の影響

    学会名
    第36回日本臨床栄養学会総会・第35回日本臨床栄養協会総会 第12回大連合大会
    開催年月
    2014.10
    発表者
    岡本朋之 坂田穏行 大塩和孝 中村浩彦 難波和美 武田安弘 吉澤史昭*
    *宇都宮大学農学部生物資源科学科
  • 演題

    Effect of combined usage of prebiotic oligosaccharides on the growth of Bifidobacterium breve
    「オリゴ糖の組み合わせによる Bifidobacterium breve の増殖促進効果の検討」

    学会名
    The 5th Congress of the European Academy of Paediatric Societies (EAPS 2014)
    (Barcelona, Spain)
    開催年月
    2014.10
    発表者
    T.Ehara, H.Izumi, M.Tsuda, H.Iwamoto, K.Namba, Y.Takeda
  • 演題

    ステージ4、5の慢性腎臓病患者の栄養管理におけるEPA、食物繊維を主な特長とする栄養補助飲料の有用性

    学会名
    第36回日本臨床栄養学会総会・第35回日本臨床栄養協会総会 第12回大連合大会
    開催年月
    2014.10
    発表者
    守田俊介 園木浩文 中村浩彦 難波和美 武田安弘 金澤良枝*1,2 中尾俊之*2
    *1 東京家政学院大学 *2 腎臓・代謝病治療機構
  • 演題

    牛乳中の農薬迅速スクリーニング法について

    学会名
    平成26年度酪農科学シンポジウム
    開催年月
    2014.09
    発表者
    水谷充志
  • 演題

    シイクワシャー抽出物の摂取が運動後のたんぱく質代謝に与える影響

    学会名
    第69回日本体力医学会大会
    開催年月
    2014.09
    発表者
    大塩和孝 坂田穏行 岡本朋之 中村浩彦 難波和美 武田安弘 吉澤史昭*
    *宇都宮大学農学部生物資源科学科
  • 演題

    長期的なミルクペプチド摂取が運動習慣を有する女性の体組成に与える影響

    学会名
    第69回日本体力医学会大会
    開催年月
    2014.09
    発表者
    齋藤史子 中村浩彦 武田安弘 渡邊久仁紀*1 冨永友也*2
    *1株式会社タニタフィッツミー *2とみなが内科医院
  • 演題

    乾燥肌女性におけるアロエベラゲルパウダー(AVGP)摂取による肌指標への効果と線維芽細胞を用いた作用メカニズムの解析

    学会名
    第10回加齢皮膚医学研究会
    開催年月
    2014.09
    発表者
    田中美順 三澤江里子 山内恒冶 阿部文明 石崎千明*
    *潟Cンフォワード・恵比寿スキンリサーチセンター
  • 演題

    Using Temporal Dominance of Sensations for understanding subtle sensory differences between milk puddings produced in factory and in laboratory
    「TDS法による工場/実験室で作ったプリンの風味評価」

    学会名
    6th European Conference on Sensory and Consumer Research
    (Copenhagen, Denmark)
    開催年月
    2014.09
    発表者
    M.Okaue, Y.Yamada, K.Ihara, R.Koizumi, K.Watanabe, M.Sumi, P.Schlich*
    *INRA, UMR 1324 Centre des Sciences du Gout et de l’Alimentation
  • 演題

    ミルク成分がコーヒー香気リリースに及ぼす影響
    (若手の会 優秀ポスター発表 企業賞)

    学会名
    日本食品科学工学会第61回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    渡邊亮介 秋山正行 大畑都子* 大西正展* 溝田泰達 大川禎一郎 岩渕久克*
    *三栄源エフ・エフ・アイ(株)
  • 演題

    Temporal Dominance of Sensations を用いたアイスクリームの評価

    学会名
    日本食品科学工学会第61回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    井上恵介 岩井大 竹塚真義 大川禎一郎
  • 演題

    連続相中の乳化剤がホイップクリーム乳化安定性およびホイップ性に及ぼす影響

    学会名
    日本食品科学工学会第61回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    井原啓一 廣田将司 秋津哲也 浦川香奈子 阿部忠博 住正宏 大川禎一郎
  • 演題

    エージング条件がクリームの固体脂含量及びホイップ特性に及ぼす影響

    学会名
    日本食品科学工学会第61回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    廣田将司 井原啓一 秋津哲也 浦川香奈子 阿部忠博 住正宏 大川禎一郎
  • 演題

    フレーバード乳飲料のフレーバーリリースに及ぼす均質圧力の影響

    学会名
    日本食品科学工学会第61回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    河口俊義 秋山正行 大西正展* 岳上美紗子 小泉玲子 溝田泰達 大川禎一郎 住正宏 岩渕久克*
    *三栄源エフ・エフ・アイ(株)
  • 演題

    妊娠期の脂質栄養に関する研究
    (ランズ賞(学会賞) 産業技術賞)

    学会名
    日本脂質栄養学会第23回大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    北村洋平
  • 演題

    近赤外分光法によるチーズカード物性のモニタリングの検討

    学会名
    日本食品工学会第15回(2014年度)年次大会
    開催年月
    2014.08
    発表者
    天羽由知 安藤哲也 安藤成徳 稲垣孝二
  • 演題

    年齢に伴う2タイプの腸内細菌叢変化

    学会名
    第18回腸内細菌学会
    開催年月
    2014.06
    発表者
    小田巻俊孝 高橋幸子 菅原宏祐 清水(肖)金忠 阿部文明 大澤朗*
    *神戸大
  • 演題

    Bifidobacterium longum BB536の腸内細菌叢を介した腸内代謝産物への影響

    学会名
    第18回腸内細菌学会
    開催年月
    2014.06
    発表者
    菅原宏祐 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 阿部文明 加藤完*1,2 菊地淳*2,3 福田真嗣*1,4 大野博司*1,2
    *1理化学研究所統合生命医科学研究センター *2横浜市立大学生命医科学研究科 *3理化学研究所環境資源科学研究センター
  • 演題

    ビフィズス菌の免疫調節作用とその作用機序に関する研究
    (日本ビフィズス菌センター研究奨励賞)

    学会名
    第18回腸内細菌学会
    開催年月
    2014.06
    発表者
    岩淵紀介
  • 演題

    Comparative genomics of bifidobacterial species to evaluate the differences between human-residential and non-human-residential species
    「ビフィズス菌の比較ゲノム解析−ヒトに棲息する種とヒト以外に棲息する種の違い−」

    学会名
    11th International Symposium on Lactic Acid Bacteria (LAB11)
    (Egmond aan Zee, the Netherlands)
    開催年月
    2014.06
    発表者
    T.Odamaki, A.Horigome, H.Sugahara, N.Hashikura, J-z.Xiao, F.Abe
  • 演題

    アロエステロール(R)抽出物(AVGE)は、光老化モデルマウスの皮膚水分量低下とシワ形成を予防する

    学会名
    第68回日本栄養・食糧学会大会
    開催年月
    2014.05
    発表者
    三澤江里子 田中美順 齊藤万里江 鍋島かずみ 姚瑞卿 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    Comparative study of bioactive peptides released from in vitro digestion of human milk and infant formulas
    「母乳及び育児用ミルクから放出される生理活性ペプチドについての比較試験」

    学会名
    Experimental Biology 2014(San Diego US)
    開催年月
    2014.04
    発表者
    Y.Wada, and B.Lonnerdal*
    *Dept. of Nutrition, University of California, Davis
  • 演題

    Difference of compatibility of bifidobacteria species with breast milk
    「ビフィズス菌の菌種と母乳親和性の違いについて」

    学会名
    2nd International Symposium of Probiotics Prebiotics in Pediatrics (IS3P 2014)(Antalya, Turkey)
    開催年月
    2014.03
    発表者
    J.Minami, T.Odamaki, N.Hashikura, JZ.Xiao, and F.Abe
  • 演題

    Novel techniques enable improved growth and survival of bifidobacteria in fermented milk by co-cultivation with Lactococcus lactis
    Lactococcus lactisとの共培養による高菌数、高生残性ビフィズス菌入り発酵乳の製造技術」

    学会名
    5th IDF Symposium on Science and Technology of Fermented Milk(Melbourne, Australia)
    開催年月
    2014.03
    発表者
    S.Yonezawa, T.Odamaki, A.Horigome, JZ.Xiao, and F.Abe
  • 演題

    マウス好塩基球のIgG依存性活性化マーカーの同定

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    松原毅 岩本洋 中里友紀 難波和美 武田安弘
  • 演題

    光老化モデル動物に対するラクトフェリン投与の皮膚保護効果

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    村田麻衣 佐藤拓海 若林裕之 山内恒治 阿部文明 野村義宏*
    *東農工大・硬蛋研
  • 演題

    ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ含有粉末組成物の抗菌作用および口臭抑制作用
    (2014年度大会トピックス賞)

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    新光一郎 中野学 若林裕之 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    ラクトパーオキシダーゼ(LPO)システムによる揮発性硫黄化合物産生抑制作用機構

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    中野学 新光一郎 若林裕之 山内恒治 阿部文明 朝岡あかね*1 川津正俊*1 弘中祥司*2
    *1クリニコ *2昭和大・歯
  • 演題

    アロエステロール(R)含有AVGPの光老化モデルにおける皮膚弾力性低下予防効果

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    齊藤万里江 田中美順 三澤江里子 姚瑞卿 山内恒治 阿部文明
  • 演題

    乳酸菌 Lactobacillus paracasei MCC1849 によるIgA産生促進作用と感染防御作用

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    新井聡 岩淵紀介 田中智弘 小田巻俊孝 清水(肖)金忠 八村敏志* 阿部文明
    *東大院農生科・食の安全研セ
  • 演題

    ヒト常在ビフィズス菌と非常在ビフィズス菌の母乳に対する親和性の違いについて

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    南淳一 小田巻俊孝 橋倉那波 清水(肖)金忠 阿部文明
  • 演題

    ヒト常在ビフィズス菌または非常在ビフィズス菌による無菌マウスに対する影響

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    菅原宏祐 小田巻俊孝 橋倉那波 田中智弘 南淳一 清水(肖)金忠 阿部文明
  • 演題

    比較ゲノム解析から推測されるヒト常在ビフィズス菌(HRB, Human-Residential Bifidobacteria)の生存戦略

    学会名
    日本農芸化学会2014年度大会
    開催年月
    2014.03
    発表者
    小田巻俊孝 堀米綾子 菅原宏祐 橋倉那波 南淳一 清水(肖)金忠 阿部文明
  • 演題

    高たんぱく質負荷SDラットにおける糸球体過剰ろ過に対する魚油の抑制効果の検討

    学会名
    第17回日本病態栄養学会年次学術集会
    開催年月
    2014.01
    発表者
    守田俊介 小久保英利 園木浩文 中村浩彦 難波和美 武田安弘