主な論文素材研究

素材研究

表題 Safety evaluation of high‐dose intake of casein‐derived peptide Met‐Lys‐Pro in healthy adults: A randomized, double‐blind, placebo‐controlled trial
「カゼイン由来ペプチドMKPの高用量摂取が健康な成人の安全性に与える影響:ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験」
著者 N.Yuda, M.Tanaka, M.Tokushima*, and F.Abe
*Maebashi North Hospital
掲載誌 Food Science & Nutrition 9(2): 662-671 (2021)
要約 健康な成人を対象にカゼイン由来ペプチドMKPの高用量摂取が安全性に与える影響を検討した。その結果、MKPの高用量摂取に伴う臨床上の安全性に関する問題は認められなかった。本研究の結果から、カゼイン由来ペプチドMKPの安全性が示された。
表題 Lactulose ingestion causes an increase in the abundance of gut-resident bifidobacteria in Japanese women: a randomised, double-blind, placebo-controlled crossover trial
「健康な日本人女性におけるラクチュロース摂取試験で、ヒト常在ビフィズス菌が増加した:無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験」
著者 Y.Sakai, H.Hamano, H.Ochi, F.Abe, K.Masuda*1, and H.Iino*2
*1Department of Food Science and Nutrition, Faculty of Life and Environmental Sciences, Showa Women's University, *2Life Sciences for Living Systems, Graduate School, Showa Women's University
掲載誌 Beneficial Microbes 12:43-53 (2021)
要約 60人の健康な日本人女性を対象とした試験で、2週間の2 g/日のラクチュロース摂取はヒト常在ビフィズス菌であるB. adolescentisB. catenulatum、およびB. longumを有意に増やしたものの、腸内細菌叢の多様性には影響を及ぼさなかった。
表題 Effect of the casein-derived peptide Met-Lys-Pro on cognitive function in community-dwelling adults without dementia: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial
「カゼイン由来ペプチドMKPが地域在住非認知症者の認知機能に与える効果:ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験」
著者 N.Yuda, M.Tanaka, K.Yamauchi, F.Abe, I.Kakiuchi*1, K.Kiyosawa*1, M.Miyasaka*1, N.Sakane*2, and M.Nakamura*3
*1Department of Nursing, Matsumoto Junior College, *2Division of Preventive Medicine, Clinical Research Institute, National Hospital Organization Kyoto Medical Center, *3Matsumoto City Hospital
掲載誌 Clinical Interventions in Aging 15: 743-754 (2020)
要約 地域在住の非認知症者を対象にカゼイン由来ペプチドMKPが認知機能に与える影響を検討した。その結果、ペプチドMKPの継続摂取は認知機能の一部である見当識を改善する可能性が示された。
表題 Effects of casein hydrolysate ingestion on thermoregulatory responses in healthy adults during exercise in heated conditions: A randomized crossover trial
「暑熱環境下運動条件におけるカゼインペプチド摂取が体温調節反応に及ぼす影響」 
著者 Y.Sakata, C.Yoshida*, Y.Fujiki*, Y.Matsunaga, H.Nakamura, T.Shimizu, Y.Takeda, and T.Amano*
*Laboratory for Exercise and Environmental Physiology, Faculty of Education, Niigata University
掲載誌 Nutrients 12(3): 867 (2020)
要約 健常成人を対象とした二重盲検クロスオーバー試験にて、暑熱環境下運動条件でのカゼインペプチド摂取が体温調節作用に及ぼす効果を検討した。運動前のカゼインペプチドの単回摂取は、皮膚温の上昇、胸部発汗量の増加をもたらす可能性が示唆された。
表題 Effect of tablets containing lactoferrin and lactoperoxidase on gingival health in adults: A randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial
「ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合食品の歯肉の健康に対する効果 ランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験」
著者 M.Nakano, A.Yoshida*1, H.Wakabayashi, M.Tanaka, K.Yamauchi, F.Abe, and Y.Masuda*2
*1Department of Oral Microbiology, Faculty of Dentistry, Matsumoto Dental University *2Institute for Oral Science, Graduate school of Oral Medicine, Matsumoto Dental University
掲載誌 Journal of Periodontal Research 54(6): 702-708 (2019)
要約 ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合錠菓の継続摂取は、プラセボ錠菓の継続摂取と比較して、歯肉の腫れや口腔関連QOLの指標を有意に改善させた。
表題 Effects of lactoferrin-fortified formula on acute gastrointestinal symptoms in children aged 12-32 months: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial
「ラクトフェリン配合育児用ミルクの12-32ヶ月齢の小児の急性胃腸症状に対する効果:ランダム化二重盲検プラセボ対照試験」
著者 N.Motoki*, M.Mizuki*, T.Tsukahara*, M.Miyakawa, S.Kubo, H.Oda, M.Tanaka, K.Yamauchi, F.Abe, and T.Nomiyama*
*Department of Preventive Medicine and Public Health, Shinshu University School of Medicine
掲載誌 Frontiers in Pediatrics 8:233 (2020)
要約 1、2歳の保育園児を対象にラクトフェリン配合育児用ミルクの摂取による急性胃腸・呼吸器症状に対する効果を調査したところ、ラクトフェリンの摂取が、摂取期間中の急性胃腸症状の有症率、急性呼吸器症状の日数を低減することが確認された。
表題 カゼインペプチド摂取が定期的に運動する一般女性の身体組成に及ぼす影響に関する予備的研究:ランダム化オープン比較試験
著者 齋藤史子 中村浩彦 武田安弘 渡邊久仁紀*1 冨永友也*2
*1株式会社タニタフィッツミー *2とみなが内科医院
掲載誌 健康支援21(2):145-152 (2019)
要約 フィットネスジムに通う女性を対象に、カゼインペプチドを運動実施日に摂取した際の体組成に及ぼす影響について検討した。全体では有意な差は確認されなかったものの、特定の集団では、体組成やエネルギー代謝に何らかの影響を及ぼすことが示唆された。
表題 Prebiotic effect of two grams of lactulose in healthy Japanese women: a randomised, double-blind, placebo-controlled crossover trial
「健常日本人女性における2gのラクチュロースのプレバイオティクス効果:ランダム化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験」
著者 Y.Sakai, N.Seki, H.Hamano, H.Ochi, F.Abe, K.Masuda*1, and H.Iino*2
*1Department of Food Science and Nutrition, Faculty of Life and Environmental Sciences, Showa Women’s University, *2Life Sciences for Living Systems, Graduate School, Showa Women’s University
掲載誌 Beneficial Microbes 10(6): 629-639 (2019)
要約 60人の健康な日本人女性を対象としたランダム化二重盲検クロスオーバー試験で、プラセボと比較して2 g/日のラクチュロースは、排便回数、便性状、排便量、そして便中ビフィズス菌の数と割合は有意に高かったが、鼓腸は変化しなかった。
表題 A study of the prebiotic effect of lactulose at low dosages in healthy Japanese women
「健康な日本人の女性における低用量ラクチュロースのプレバイオティクス効果に関する研究」
著者 Y.Sakai, N.Seki, H.Hamano, H.Ochi, F.Abe, F.Shimizu*1, K.Masuda*1, and H.Iino*2
*1Department of Food Science and Nutrition, Faculty of Life and Environmental Sciences, Showa Women’s University, *2Life Science for Living System, Graduate School, Showa Women’s University
掲載誌 Bioscience of Microbiota, Food and Health 38(2): 69-72 (2019)
要約 26人の健康な日本人女性を対象に、1、2、または3 g /日のラクチュロースを2週間摂取する非盲検の臨床試験を実施した。排便回数、排便日数、および便中ビフィズス菌数は、いずれの摂取量においても、摂取前と比較して有意に増加した。
表題 アロエベラ由来植物ステロールの新規保健機能研究とその応用
(平成30年度日本栄養・食糧学会技術賞受賞)
著者 三澤江里子 田中美順 阿部文明 山内恒治 齊藤万里江 鍋島かずみ
掲載誌 日本栄養・食糧学会誌 72(4): 141-145 (2019)
要約 アロエベラ葉肉から機能性成分として植物ステロール類を同定し、本成分の皮膚機能への効果を検討した。細胞を用いた基礎研究から、人での経口摂取臨床研究により、皮膚の健康の維持・増進に役立つ機能性食品素材としての有用性が明らかになった。
表題 Casein materials show different digestion patterns using an in vitro gastrointestinal model and different release of glucagon-like peptide-1 by enteroendocrine GLUTag cells
「製造方法の異なるカゼイン素材の消化性とGLUTag細胞に対するGLP-1分泌刺激活性に関する研究」
著者 Y.Komatsu, Y.Wada, H.Izumi, T.Shimizu, Y.Takeda, T.Hira*, and H.Hara*
*Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University
掲載誌 Food Chemistry 277: 423-431 (2019)
要約 製造方法の異なるカゼイン素材の消化性とGLP-1分泌刺激活性を比較した。その結果、ミセラカゼインはカゼインナトリウムと比較して、有意に高い消化性およびGLP-1分泌刺激活性を示した。
表題 Investigation of potent odorants generated during the production
「乳清蛋白分解物の製造工程において生成する主要香気成分」
著者 H.Nakada, M.Ohata*1,2, M.Hosaka*1, H.Ochi, F.Abe, and K.Arihara*1
*1Department of Animal Science, School of Veterinary Medicine, Kitasato University, *2Department of Food Bioscience and Biotechnology, College of Bioresource Science, Nihon University
掲載誌 Animal Science Journal 89(9):1348-1354(2018)
要約 乳清蛋白質分解物の特徴的な香気強度を定量的記述分析法によって官能評価し、官能特性を評価した。また、関与香気成分及び香気形成に関わると考えられる特定の遊離アミノ酸を特定した。
表題 Antihypertensive effect of the casein-derived peptide Met-Lys-Pro in individuals with high-normal blood pressure or grade 1 hypertension
-A randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group trial-
「正常高値血圧者およびⅠ度高血圧者に対するカゼイン由来ペプチドMKPの血圧低下効果」
著者 N.Yuda, M.Tanaka, A.Yamada, D.Ochi, K.Yamauchi, F.Abe, and N.Sakane*
*Division of Preventive Medicine, Clinical Research Institute, National Hospital Organization Kyoto Medical Center
掲載誌 薬理と治療 46(4): 529-37 (2018)
要約 カゼイン由来のトリペプチドであるMet-Lys-Pro(MKP)の血圧低下効果を臨床試験により確認した。正常高値血圧者またはⅠ度高血圧者がMKPを継続摂取すると収縮期血圧がプラセボ摂取と比較して低下することが明らかとなった。
表題 カゼイン由来トリペプチドMet-Lys-Proの正常高値血圧者およびⅠ度高血圧者に対する血圧降下作用
-ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
著者 D.Ochi, A.Yamada, K.Yamauchi, F.Abe, and Y.Tho*
*Aiwa Clinic, Latvia
掲載誌 薬理と治療 45(10): 1637-1648 (2017)
要約 正常高値血圧者およびⅠ度高血圧者を対象としてMet-Lys-Pro(MKP) を12 週間摂取したときの血圧降下作用を調査するため、ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験を実施した。 その結果、MKP 100μg 摂取により、収縮期血圧および拡張期血圧で、それぞれ血圧降下作用が認められた。
表題 Effects of lactoferrin and lactoperoxidase-containing food on the oral microbiota of older individuals
「ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合食品による高齢者の口腔内細菌叢に対する効果」
著者 M.Nakano, H.Wakabayashi, H.Sugahara, T.Odamaki, K.Yamauchi, F.Abe, JZ.Xiao, K.Murakami*, K.Ishikawa*, and S.Hironaka*
*Department of Special Needs Dentistry, Division of Hygiene and Oral Health, Showa University School of Dentistry
掲載誌 Microbiology and Immunology 61(10): 416-426 (2017)
要約 ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ配合食品の継続摂取は、口腔内細菌叢の構成を病原菌を含むグラム陰性菌優位な状態から、常在菌が多いグラム陽性菌優位な状態へとバランス改善する可能性が示された。
表題 Inhibitory effect of bovine lactoferrin on catechol-O-methyltransferase
「ウシラクトフェリンのカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害活性」
著者 M.Ikeda, H.Iijima*, I.Shinoda, H.Iwamoto, and Y.Takeda
*School of Pharmacy, Nihon University
掲載誌 Molecules 22(8): 1373 (2017)
要約 ラクトフェリン(bLF)は、カテキン等の生理活性物質を代謝する酵素であるカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害する。その様式は、bLFのアミノ末端の領域とCOMTの結合によるものである。
表題 Effects of lactoferrin on the production of interferon-λ by the human intestinal epithelial cell line HT-29.
「ヒト腸管上皮細胞株HT-29によるインターフェロンラムダ産生に及ぼすラクトフェリンの影響」
著者 K.Shin, H.Oda, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, and F.Abe
掲載誌 Biochemistry and Cell Biology 95(1): 53-56 (2017)
要約 腸管細胞による抗ウイルス作用に重要なインターフェロンλの産生に及ぼすウシラクトフェリンの影響について、ポリI:C(合成RNA)を添加したヒト腸管上皮細胞株HT-29を用いて調べたところ、ラクトフェリンの濃度に依存的なインターフェロンλ産生の増加が観察された。
表題 Aloe sterol supplementation improves skin elasticity in Japanese men with sunlight-exposed skin: a 12-week double-blind, randomized controlled trial.
「日光に暴露されている日本男性において、アロエステロール摂取による皮膚弾力の増加作用 12週間ダブルブラインドプラセボ対照臨床試験」
著者 M.Tanaka, Y.Yamamoto*, E.Misawa, K.Nabeshima, M.Saito, K.Yamauchi, F.Abe, and F.Furukawa*
*Department of Dermatology, Wakayama Medical University
掲載誌 Clinical, Cosmetic and Investigational Dermatology 9:435-442 (2016)
要約 日常的に紫外線に暴露している成人男性に、アロエステロール含有錠菓又はプラセボ錠菓を12週摂取させ、皮膚の指標を調べた。その結果、アロエステロール摂取によって、摂取前に比べ、皮膚弾力性は有意に増加し、46歳以下のグループにおいては、プラセボ群に比べ弾力性の8週値が有意に高値を示した。
表題 Effects of Aloe sterol supplementation on skin elasticity, hydration, and collagen score: a 12-week double-blind, randomized, controlled trial
「アロエステロール摂取は、皮膚弾力、皮膚水分量、コラーゲン量を増加させる 12週間二重盲検無作為比較臨床試験」
著者 M.Tanaka, Y.Yamamoto*, E.Misawa, K.Nabeshima, M.Saito, K.Yamauchi, F.Abe, and F.Furukawa*
*Department of Dermatology, Wakayama Medical University
掲載誌 Skin Pharmacology and Physiology 29(6):309-317 (2016)
要約 成人女性において、アロエステロール含有ヨーグルト又はプラセボヨーグルトを12週摂取させ、皮膚の指標を調べた。その結果、アロエステロール摂取によって、プラセボ群に比べ有意に、皮膚水分量の増加、経皮水分蒸散量の低下、皮膚弾力性及び真皮コラーゲンの増加が確認された。
表題 乳たんぱく質ラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼの口腔衛生分野への応用
(平成28年度日本酪農科学会奨励賞記念総説)
著者 中野学 若林裕之 山内恒治 阿部文明
掲載誌 ミルクサイエンス 65(3): 227-234 (2016)
要約 これまでの研究成果である、ラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼを含有した機能性食品素材の開発、および本素材の口臭抑制効果や口腔内細菌叢改善効果などの有効性についてレビューした。
表題 A randomized, double-blind, crossover, placebo-controlled clinical trial to assess effects of the single ingestion of a tablet containing lactoferrin, lactoperoxidase and glucose oxidase on oral malodor
「ラクトフェリン、ラクトパーオキシダーゼ、グルコースオキシダーゼ配合錠菓単回摂取による口臭抑制効果 ランダム化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験」
著者 M.Nakano, E.Shimizu*, H.Wakabayashi, K.Yamauchi, and F.Abe
*Shimizu Dental Clinic
掲載誌 BMC Oral Health 16:37(2016)
要約 ラクトフェリン、ラクトパーオキシダーゼ、グルコースオキシダーゼを配合した試験錠菓またはプラセボ錠菓を摂取した臨床試験において、試験錠菓はプラセボ錠菓と比べて、息中のにおい成分を有意に抑制することを確認した。
TOP