森乳スマイル倶楽部

活動内容

  • 「森乳スマイル倶楽部」は、森永乳業グループの社員の自発的な意思によって、2006年12月に発足しました。会員は月々の給与の100円未満の金額か1口100円(最大10口)、またはその両方を拠出・積立て、「寄付による支援活動」などを通じ社会貢献に役立てています。また、会社からも「マッチングギフト※」として支援する団体へ同額の寄付をしています。
    現在、約半数近くの社員が加入しており、同じような組織を持つ他の企業(平均20%)と比較して非常に高い加入率となっております。寄付先や活動内容については、会員の思いをくみとりながら、年に数回、運営委員会で議論を重ね、寄付先を決めています。設立以来、日本赤十字社など20以上の団体に合計36,250千円の寄付を実施いたしました。

    ※マッチングギフト
    森乳スマイル倶楽部が社会貢献を目的として寄付や義援金を募る際、社員から寄せられた金額に対して森永乳業グループ各社が同額を上乗せし、寄付する仕組み。


    設立12年を迎えました!

2017年の取り組み

2017年には、全国の森永乳業グループの社員が参加できるイベントを企画しました。これからの社会に「スマイル」を増やすため、今後もイベントの継続と、全社での社会貢献活動の推進を行っていきます。

  • 1.スマイル文庫(翻訳絵本プロジェクト)
    日本語の絵本に、ベンガル語、ネパール語等の翻訳シールを貼って、現地の子ども達に贈ります。全国から200名の森永乳業グループの社員が参加しました。(協力:ESAアジア教育支援の会)


    • スマイル文庫


  • 2.社会貢献イベント
    2017年11月に研究・情報センターにおいて、2017年7月に発生した「九州北部豪雨災害」関連の展示および大分県特産物の販売を実施しました。(協力:大分県東京事務所)


    • 社会貢献イベント


  • 3.スマイルランチ(TABLE FOR TWOプログラムの導入)
    社員食堂でヘルシーメニューを食べると、1食あたり20円が寄付され、途上国の子どもたちの給食費1食分に充てられます。本社(2016年11月より毎月25日)、および研究・情報センター(2016年11月)で実施しています。(協力:TABLE FOR TWO、西洋フード・コンパスグループ(株))


    スマイルランチ

4.その他社会貢献活動
森乳スマイル倶楽部では、会員非会員に問わず、積立金以外の方法でも、社会貢献活動に参加できる取り組みを毎年実施しています。
「あつめて国際協力※1」では、読み終わった本、使用済み切手などを集め、ケア・インターナショナルジャパン「あつめて国際協力」の活動に協力しています。2017年度は、約11万円相当の支援をお届けしました。
また、国連WFP協会主催のウォーク・ザ・ワールド※2というチャリティーイベントに参加しています。


  • あつめて国際協力

  • ウォーク・ザ・ワールド

※1 あつめて国際協力
ご自宅や会社で使わなくなった品物を再利用することによって、途上国の貧困問題を解決する活動。

※2 ウォーク・ザ・ワールド
「地球の飢餓を救え」をテーマに、世界の子どもたちの飢餓撲滅を目的に世界各地で開催されているチャリティーウォークイベント。イベント参加費の一部が寄付に充てられ、WFPの学校給食プログラムに活用されます。

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP