シールド乳酸菌のひみつ

シールド乳酸菌は、森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌です。わたしたちの生活との関係や、名前の由来、はたらき等をご紹介いたします。

腸内細菌は免疫と深い関係があります

1免疫との関係

免疫力を発揮するために働く細胞が「免疫細胞」で、体内の免疫細胞の約60%が腸に存在します。
免疫細胞にはたくさんの種類があり、「外敵を見つける」「外敵を攻撃する」等の役割をそれぞれが持っています。
そして近年、腸内細菌が細菌やウイルスの感染防御に関わる免疫機能に大きな影響を及ぼすことが分かってきました。

2乳酸菌と免疫

摂取して体に良い影響を与える微生物をプロバイオティクスと言い、乳酸菌はビフィズス菌とともに、ヨーグルトなど様々な食品の中でプロバイオティクスとして利用されています。
体内の免疫細胞の約60%が腸にあることから、乳酸菌はその免疫細胞にはたらきかけることで、免疫機能を調節すると考えられています。一部の乳酸菌はインフルエンザウイルスなどの感染に対して防御作用を示すことや、アレルギーの症状を軽減することなど、免疫機能を調節することが報告されています。
近年、加熱殺菌菌体でも同様の効果が認められており、多様な商品への応用が進んでいます。