2016年10月28日経営・財務

「利根工場・新棟建設」「神戸工場・製造ライン増設」のお知らせ

 森永乳業株式会社は、基幹工場である利根工場、神戸工場において、ヨーグルトの製造体制を強化すべく、利根工場では新棟を建設し、神戸工場では製造ラインを増設することになりましたので、お知らせいたします。
 

1.利根工場・新棟の概要
(1)所在地   茨城県常総市内守谷町4013-1
(2)延床面積  約32,000㎡
(3)生産品目  ヨーグルト
(4)生産能力  約28,000kl/年
(5)総投資額  約217億円
(6)着工・稼動  2017年12月着工、2019年6月より稼動予定

2.神戸工場・新製造ラインの概要
(1)所在地   兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭3番
(2)生産品目  ヨーグルト
(3)生産能力  約28,000kl/年
(4)総投資額  約65億円
(5)稼動    2018年4月より稼動予定

3.実施背景と目的
 近年、ヨーグルト市場は伸長が続いており、2015年度の家庭用ヨーグルト市場規模は約4,000億円(前年比112%、当社推計)であり、当社の家庭用ヨーグルト(宅配除く)の売上高は、502億円(前年比106%)となりました。
 ヨーグルトの健康価値がお客さまに認められており、機能性ヨーグルトを中心に需要が高まっております。今後も、日本では高齢化が進み、健康への意識は一層高まっていくものと考えられ、ヨーグルト市場の更なる成長が期待できます。
 利根工場の新棟、神戸工場の新製造ラインにて、機能性ヨーグルトを増産し、ヨーグルト事業の強化を図ってまいります。


TOP