2014年03月25日研究開発

モラック乳酸菌(MCC1849)によるIgA産生促進作用と感染防御作用 ~日本農芸化学会2014年度大会(2014年3月27~30日)発表内容のご報告~

 森永乳業は、東京大学大学院農学生命科学研究科八村敏志准教授との共同研究により、免疫賦活作用が期待される乳酸菌として選抜されたモラック乳酸菌(MCC1849)の摂取が、インフルエンザウイルス感染を軽減するとともに、腸管での感染防御に寄与するIgA(※1)産生を促進することをマウスを用いた試験で確認しました。これらの結果を、日本農芸化学会2014年度大会(3月27~30日、明治大学)にて発表いたします。

(※1)IgA:免疫グロブリンAと呼ばれる抗体。腸管や気道などの粘膜で主に分泌される抗体の一種で、病原菌に結合して侵入を阻止したり、病原菌の毒素を中和する。
(※2)サイトカイン:免疫細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に作用することで情報を伝達し、細胞の活性化など機能の調節をする。


TOP