お手軽チーズバーニャカウダ

野菜たっぷり やみつきチーズソース

レシピTOPへ
お手軽チーズバーニャカウダ
  • 調理時間調理時間:25分
  • カロリー134kcal (1人分当たり)

栄養成分 (1人分当たり)

エネルギー
134kcal
たんぱく質
5.4g
脂質
9.8g
炭水化物
7.1g
食塩相当量
0.6g
カルシウム
95mg

使用する商品

材料(3人分)

▼バーニャカウダチーズソース
・にんにく 4片
・森永おいしい牛乳 50ml
・アンチョビ 10g
・クラフト細切りチーズ 20g
・エキストラバージン・オリーブオイル 20g
ブロッコリー 1/2株
カリフラワー 1/2株
パプリカ(黄ピーマン) 1/2個
ラディッシュ 3個

作り方

1

バーニャカウダチーズソースを作ります。にんにくは皮付きのままラップで包み、電子レンジで約1分加熱します。

2

【1】の皮をむいて耐熱性の器に入れ、フォークなどでつぶします。牛乳、アンチョビ、チーズ、オリーブオイルを加えてアンチョビをつぶすように全体を混ぜ合わせ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで約1分加熱します。

3

ソースが熱々のうち、ゆでたブロッコリーとカリフラワー、パプリカ、ラディッシュ等、お好みの具につけてお召し上がり下さい。

ひとくちメモ">

バーニャカウダはイタリア北部ピエモンテ州の郷土料理。「あたたかいソース」という意味で、一般的には、オリーブオイルとにんにくとアンチョビで作ります。このレシピでは、溶けやすくソースに馴染みやすいクラフト細切りチーズを加えてコクをアップ!溶けたチーズでとろみがつき、野菜とソースがよりからみやすくなり、おいしさも食べやすさもアップします。根菜や芋類など冬の野菜との相性もばっちりです。

ポイント

  • にんにくの芽が残っていると、ソースの口当たりが悪くなります。にんにくをフォークでつぶすと、中から繊維状のうすい緑色をしている芽が出てくるので、きちんと取り除きます。芽も柔らかくなっているのでとりづらい場合もありますが、そのひと手間を惜しまないで。

前回見たレシピ

TOP