森永乳業株式会社は、社内食堂リニューアルに伴いピュアスターを新たに導入しました。お昼時には約540人程が一斉に昼食を食べに来る、この社内食堂を支えてくださっているエムエフエス株式会社の方々に、その使い心地を伺いました。

サラダバーが一番人気のメニュー。
野菜が、変わったんです。

食材はお客様の口に入るものなので、とにかく気を使います。いままでの野菜の殺菌は、希釈した次亜塩素酸ナトリウムでした。殺菌後には流水に浸して、臭いのチェックもしていましたが、やはり味は落ちていたのかもしれません。ピュアスター生成水で殺菌をするようになってみて、パリパリ感が違うことに気づきました。臭いも全く気になりません。主には食材を殺菌していますが、手や機材を洗ったりと様々な用途に使えます。

手間がなく作業効率が良くなった。

ピュアスター生成水なら、野菜へのニオイ移りが少なく、すすぎの時間も短縮できて格段に手間が違います。もちろん消毒の間ずっと人が傍にいる訳ではありませんが、レタス、パセリなどと分けて殺菌しますから、シンクは占領されてしまいます。そういう意味でも、殺菌時間が短いというのは、ほかの作業ができて作業効率的にありがたいんです。

※機械室に設置されたピュアスター。エラーがあると生成が止まるので、気づかずに水道水だったということは無いという。

安心して使えるのは、うれしい。

私たちは社を挙げて、毎朝スタッフが自分の持ち場を清掃する「クリーンアップ作戦」を実行しています。使用方法の説明もカンタンでした。なにしろ蛇口をひねるだけですからね。他店での事例ですが、高濃度の塩素系殺菌液で労災事故になったことがあります。取り扱いには注意が必要なんです。実際に塩素を使って消毒をしていて、具合が悪くなるスタッフもいます。そういう心配がないピュアスターは、責任者とてしても安心です。

なにより、職場が気持ちいいんです。

夕方の清掃後にピュアスター生成水で床を流して帰る、それだけのことですが、その翌朝にそれがすごく気持ちいい。床が汚れていると気分的に良くないですし・・・。朝から希釈液をつくる手間もなく、臭いもなく、除菌もしてくれる。実際に床の洗浄に使ってみて、黒いシミがつかなくなったり、下水の臭いも緩和されています。効果があったのだと思っています。
もし、他のお店へ店長として異動しても、ピュアスターがあったらうれしいですね。

使用している装置紹介

使った人から気づいてる。
ピュアスターの魅力。

  • 日本料理 分とく山さんの使い方
  • 鮮魚小売店 西浅さんの使い方
  • 特別養護老人ホーム みさよはうす 土支田さんの使い方
  • 洋菓子メーカー モンテールさん 工場での使い方
  • 食堂運営 エムエフエスさんの使い方
  • 京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター病院さんの使い方
  • 惣菜メーカー デリシャス・クックさんの使い方
  • 日本料理 分とく山さんの使い方
  • 鮮魚小売店 西浅さんの使い方
  • 特別養護老人ホーム みさよはうす 土支田さんの使い方
  • 洋菓子メーカー モンテールさん 工場での使い方
  • 食堂運営 エムエフエスさんの使い方
  • 京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター病院さんの使い方
  • 惣菜メーカー デリシャス・クックさんの使い方
ページトップへ戻る