さまざまな菌に効果あり

さまざまな微生物に幅広い効果。

※一覧は試験管内での試験結果であり、実際の現場に使用した場合の効果と異なります。

細菌 処理前
菌数
ピュアスター
生成水
有効塩素濃度
生育の有無
30秒後60秒後
大腸菌(O157:H7) 5.2 x 108 10ppm
リステリア 2.5 x 108
緑膿菌 3.7 x 108
サルモネラ 2.1 x 108
セラチア 2.9 x 108
黄色ブドウ球菌 1.8 x 108
エルシニア 4.8 x 108
腸炎ビブリオ 3.2 x 108
3.2 x 108 30ppm
3.1 x 107 10ppm
カンビロバクター・コリ 4.0 x 108
カンビロバクター・ジェジュニ 6.0 x 107

ピュアスター生成水:有効塩素濃度は表中に記載・ph6.0、室温
試験液10mlに菌液1mlを添加し、ここから30秒、60秒後に1白金耳を液体培地に接種、培養し培養液の
混濁したものを+、しなかったものを-とした。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター、試験成績書発行年月日 平成14年10月17日
試験成績発行番号 第102071681-001号
森永乳業作表

真菌
(カビ)
処理前
菌数
処理後
菌数
クロカビ 2.3 x 104
(CFU/ml)

有効塩素濃度29.7ppm、pH6.0、処理時間1分、20℃、一:未検出(<10)CFU:コロニー形成できる菌量クロカビ:クラドスポリウム
森永乳業調べ

ウィルス 処理前
菌数
処理後
菌数
インフルエンザ 1.4 x 108
(TCID50/ml)

有効塩素濃度20ppm、pH6.0、処理時間1分、
室温 一:未検出(<40)TCID50:培養細胞の
50%に感染できるウイルス量
防菌防黴Vol,No1,3-10,2006

ウィルス 処理前
菌数
処理後
菌数
ノロ(代替) 1.3 x 105
(TCID50/μl)

※代替:ネコカリシウイルスにて試験
有効塩素濃度10ppm、pH6.5、処理時間1分、
室温 一:未検出(<4.7)TCID50:培養細胞の
50%に感染できるウイルス量
平成21年度第36日本防菌防黴学会
年次大会議演要旨

ピュアスター生成水は、さまざまな食中毒原因微生物に殺菌効果があり、1分処理しただけで、微生物はほぼゼロへ。またインフルエンザやノロウイルスも、ピュアスター生成水で1分処理しただけで検出限界以下にまで減少。きわめて有効であることが示されています。

なぜピュアスター生成水は
殺菌効果に優れているの?

ピュアスター生成水は、次亜塩素酸水という塩素系殺菌料のひとつです。塩素系殺菌料の塩素は、微生物の細胞膜などを酸化させて膜の構造を破壊したり、生きていくために必要な酵素やDNAに反応して破壊することで、微生物は生き続けることが難しくなり、死に至ると考えられています。

通常の状態

ピュアスター生成水を流すと

設備や器具を傷めずにカビにも効きます。

食品惣菜工場での導入例

水道水使用時

ピュアスター2ヶ月使用

毎日床掃除のすすぎ水に使用した効果。

※ご使用環境により効果が出るまでの日数や内容が異なります。

ページトップへ戻る