1. お客様、従業員、食材。飲食店の感染ルート全てでノロウイルス対策が出来るピュアスター。
  2. 子どもの集まる児童施設でのノロウイルス対策なら、ピュアスター。
  3. 抵抗力の弱い高齢者施設でのノロウイルス対策なら、ピュアスター。
最重要課題は、人から人への感染対策です。

流行期のノロウイルス感染症は、主に器具や食材を媒介としたヒトからヒトへの感染が原因となっています。これはノロウイルス特有の強い感染力によるもの。他の菌と違い、数個のウイルスでも増殖してしまい、次の感染へとつながっていくのです。
ですから、感染予防としてはとにかく殺菌・消毒がカギ。吐物や便の処理だけでなく、普段使いの衣類の洗濯や、手洗い・うがいも大切となってきます。とはいえ、一般的に使用されている次亜塩素酸ナトリウム溶液では、手はもちろんのこと、衣類や食材も損ねてしまい、簡単に使うことはできませんでした。
その悩みを解決して、日常のノロウイルス対策決定版となるのが、塩素系殺菌料でありながら手にも使えるピュアスター生成水です。

感染者への対応について

70%アルコールでは効果が低い「ノロウイルス」。
ピュアスター生成水なら、手に優しいのに効果アリ。

日々、だれでもかんたんに使えるから続けられる。ここが最大のポイントです。

エンベロープと呼ばれる脂質を含む膜で包まれているウイルスは、脂質を溶かすアルコールなどの消毒薬が有効と言われていますが、ノロウイルスにはエンベロープがなく、エタノール・アルコールが効きにくいとされています。
ピュアスター生成水なら、ノロウイルスにも効果が確認されています。しかも、ピュアスター生成水は誤って口に入っても健康被害を生じない安全な微酸性電解水。手にも優しく、安心して使用することができます。

ピュアスター生成水ならほとんどの菌に効果あり

ピュアスター生成水は一般的な細菌や、カビなどはもちろん、インフルエンザウイルスや食中毒を起こす大腸菌O111、大腸菌O157、サルモネラやビブリオ、そのほか病原菌にも効果が実証されています。
また、ノロウイルスなどの、70%エタノールやアルコールでは効きにくいウイルス類、100~200ppm次亜塩素酸ナトリウム溶液では効果が少ないセレウス菌や枯草菌などの芽胞に対しても、ピュアスター生成水なら効果があることが確認されています。

これまでの洗濯を、除菌洗濯にするピュアスター。
タオル、肌着、オムツ。汚染された
可能性がある布に安心を。

シャツ

直接人に触れる布類、毎日の洗濯業務に85℃以上で1分以上の加熱処理を加えることは、スタッフへの大きな負担となります。
また、次亜塩素酸ナトリウムのようなアルカリ溶液に浸すと、布はすぐに痛んでしまい、コスト面での大きな負担となります。

ピュアスターなら、すすぎの水をピュアスター生成水に置き換えるだけ。誤って口に入っても健康被害を生じない安全な殺菌水だから、布を余計に傷めることもありません。
オペレーションの負担にならず、布類の除菌をかんたんに行うことができます。
子どもが使ったよだれかけや手拭きタオルなど用途の幅は広がります。
※すべての菌を除菌できるわけではありません。

食器類、調理器具から、口に入れる食材。
浴室、床、トイレ、ドアノブなど。人の手が触れる
様々な設備へのノロウイルス対策が行えます。

シャツ

ピュアスター生成水は微酸性電解水という殺菌料です。これは、においも少なく、食品添加物の指定を受けるほどの安全性があります。食材が触れる食器から、直接口に入れる食材まで、あらゆるものに使ってください。素材をへのダメージやニオイ移りも少ないので、食品本来の食感や風味を活かせます。
ピュアスター生成水は、浴室、床、トイレ、ドアノブ・・・様々な場所の清掃に使えます。

※感染者のおう吐物などの処理方法は厚生労働省の指示に従ってください

ピュアスターのノロウイルス対策コストは、
1リットルの微酸性電解水をつくるのに、約1円*。
殺菌効果には自信があります。

※標準濃度15ppmで使用した場合。薬液参考価格3,000円での目安コスト(原水の質および使用濃度等により異なります。)

ピュアスター生成水は、微酸性電解水という塩素系殺菌料のひとつです。塩素系殺菌料は、塩素が媒介役となり微生物の細胞膜などを酸化させ、破壊したり、生きていくために必要な酵素やDNAに反応して破壊したりすることで、結果的に微生物は生き続けることが難しくなり、死に至ると考えられています。

衛生的で便利な
ハンドセンサー出水。
衛生的で便利なハンドセンサー出水。
ボトルタイプ薬液は
自分で交換できる
ボトルタイプ薬液は自分で交換できる
  1. ●W287×D150×H297、軽量2.7kgのコンパクト設計
  2. ●設置は水道とコンセントにつなぐだけ
  3. ●水道と変わらず使える豊富な生成水量
児童施設ならではの先まわりの感染対策を。

流行期のノロウイルス感染症は、主に器具や食材を媒介としたヒトからヒトへの感染が原因となっています。これはノロウイルス特有の強い感染力によるもの。他の菌と違い、数個のウイルスでも増殖してしまい、次の感染へとつながっていくのです。
ですから、感染予防としてはとにかく殺菌・消毒がカギ。吐物や便の処理だけでなく、普段使いの衣類の洗濯や、手洗い・うがいも大切となってきます。とはいえ、一般的に使用されている次亜塩素酸ナトリウム溶液では、手はもちろんのこと、衣類や食材も損ねてしまい、簡単に使うことはできませんでした。
その悩みを解決して、日常のノロウイルス対策決定版となるのが、塩素系殺菌料でありながら手にも使えるピュアスター生成水です。

感染者への対応について

アルコール使用がためらわれる子どもの手。
手洗いをしっかり行っても不安が残る。
それならピュアスター生成水で対策を。

日々、だれでもかんたんに使えるから続けられる。ここが最大のポイントです。

人の肌はpH4.5~6の弱酸性。ピュアスター生成水はそれにとても近いpH5~pH6.5の微酸性領域の電解水です。手肌にやさしいピュアスタ―生成水はノロウイルスに対して効果のある殺菌料。石けんを使った「しっかり手洗い」の仕方を教えたら、ピュアスター生成水ですすげば流れた水のウイルス対策もできます。
ただの水洗いと変わらない感覚で使えるから、スタッフの負担になることもありません。うっかり子供が口にしても安心の食品添加物指定です。

子どもにとって布類は、口に近い存在。
これまでの洗濯を除菌洗濯にするピュアスターで、
先回りの感染対策を。

布類

直接肌や口に触れる布類、毎日の洗濯業務に85℃以上で1分以上の加熱処理を加えることは、スタッフへの大きな負担となります。
また、次亜塩素酸ナトリウムのようなアルカリ性溶液に浸すと、布はすぐに痛んでしまい、コスト面での大きな負担となります。

ピュアスターなら、すすぎの水をピュアスター生成水に置き換えるだけ。誤って口に入っても安心の殺菌水だから、布を余計に傷めることもありません。
オペレーションの負担にならず、布類の除菌をかんたんに行うことができます。
子どもが使ったよだれかけや手拭きタオルなど用途の幅は広がります。
※すべての菌を除菌できるわけではありません。

口に入れるものは、食べものだけじゃない。
食材にも安心して対策できるピュアスターで
オモチャも丸洗い殺菌。

オモチャ

ピュアスター生成水は微酸性電解水という殺菌料です。これは、においも少なく、食品添加物の指定を受けるほどの安全性があります。食器や直接口に入れる食材まで、あらゆるものに使えます。
だから、子どもたちがみんなで使うオモチャの洗浄に使っても安心。食べ物以外のものを、口に入れることに抵抗の少ない子どもたちへの、ノロウイルス予防対策にはまさにうってつけ。さらに、ピュアスターにはノロウイルス以外の集団感染の予防にも効果があります。

ピュアスター生成水ならほとんどの菌に効果あり

ピュアスター生成水は一般的な細菌や、カビなどはもちろん、インフルエンザウイルスや食中毒を起こす大腸菌O111、大腸菌O157、サルモネラやビブリオ、そのほか病原菌にも効果が実証されています。
また、ノロウイルスなどの、70%エタノールやアルコールでは効きにくいウイルス類、100~200ppm次亜塩素酸ナトリウム溶液では効果が少ないセレウス菌や枯草菌などの芽胞に対しても、ピュアスター生成水なら効果があることが確認されています。

※感染者のおう吐物などの処理方法は厚生労働省の指示に従ってください

ピュアスターのノロウイルス対策コストは、
1リットルの微酸性電解水をつくるのに、約1円*。
殺菌効果には自信があります。

※標準濃度15ppmで使用した場合。薬液参考価格3,000円での目安コスト(原水の質および使用濃度等により異なります。)

ピュアスター生成水は、微酸性電解水という塩素系殺菌料のひとつです。塩素系殺菌料は、塩素が媒介役となり微生物の細胞膜などを酸化させ、破壊したり、生きていくために必要な酵素やDNAに反応して破壊したりすることで、結果的に微生物は生き続けることが難しくなり、死に至ると考えられています。

衛生的で便利な
ハンドセンサー出水。
衛生的で便利なハンドセンサー出水。
ボトルタイプ薬液は
自分で交換できる
ボトルタイプ薬液は自分で交換できる
  1. ●W287×D150×H297、軽量2.7kgのコンパクト設計
  2. ●設置は水道とコンセントにつなぐだけ
  3. ●水道と変わらず使える豊富な生成水量
日々、だれでもかんたんに使えるから続けられる。ここが最大のポイントです。

流行期のノロウイルス感染症は、主に器具や食材を媒介としたヒトからヒトへの感染が原因となっています。これはノロウイルス特有の強い感染力によるもの。他の菌と違い、数個のウイルスでも増殖してしまい、次の感染へとつながっていくのです。
ですから、感染予防としてはとにかく殺菌・消毒がカギ。吐物や便の処理だけでなく、普段使いの衣類の洗濯や、手洗い・うがいも大切となってきます。とはいえ、一般的に使用されている次亜塩素酸ナトリウム溶液では、手はもちろんのこと、衣類や食材も損ねてしまい、簡単に使うことはできませんでした。
その悩みを解決して、日常のノロウイルス対策決定版となるのが、塩素系殺菌料でありながら手にも使えるピュアスター生成水です。

感染者への対応について

厨房内の殺菌なら、ピュアスター。
食材、食器、調理器具などに。
匂いもないから、営業中でも気にせず使えます。

日々、だれでもかんたんに使えるから続けられる。ここが最大のポイントです。

外部から搬入される食材、お客様の口に触れる食器類、調理をおこなうための器具。
こうした様々な厨房機材のノロウイルス対策を、水洗いという一つのオペレーションのみでバックアップするのがピュアスターです。
食品添加物指定のピュアスター生成水(微酸性電解水)は、においもほんとどなく、営業中のノロウイルス対策を可能します。もちろん、直接口に入る生食用の食材を洗っても、風味を邪魔することもありません。
シンクや三角コーナー、ゴミ箱や床をピュアスター生成水で流すことで、カビ対策も行えます。

ピュアスター生成水ならほとんどの菌に効果あり

ピュアスター生成水は一般的な細菌や、カビなどはもちろん、食中毒を起こす大腸菌O111、大腸菌O157、サルモネラやビブリオ、そのほか病原菌にも効果が実証されています。
また、ノロウイルスなどの、70%エタノールやアルコールでは効きにくいウイルス類、100~200ppm次亜塩素酸ナトリウム溶液では効果が少ないセレウス菌や枯草菌などの芽胞に対しても、
ピュアスター生成水なら効果があることが確認されています。

アルバイトでも簡単に使える。
それが、続けやすい毎日の対策の秘訣です。

日々、だれでもかんたんに使えるから続けられる。ここが最大のポイントです。

お店の衛生レベルは、衛生意識が一番低い人のレベルになる、と言われています。
ですから衛生レベルの向上には、アルバイトを含む従業員全員の意識と行動が必要。
しかし、有識者でないと使えない殺菌料は、日々のルーチンワークには不向きと言わざるを得ません。
だから、ピュアスター。機械の前に手をかざせば、まるで水道のように水が出るシステム。しかもその水で洗うだけで殺菌が可能という簡単なオペレーションで、毎日の衛生レベルを保ち続けます。

テーブルをふく布、ドアノブ、トイレなど。
お客様が触れるあらゆる場所への対策が行えます。

レストラン風景

ピュアスター生成水は微酸性電解水。サビの原因になる塩素類を含まず、かつ白残りもしないので二度拭きの必要のない殺菌料です。お客様の手がふれる、ありとあらゆる場所に使用ができ、しかも設備を痛めることはありません。濃度の高い次亜塩素酸ナトリウム溶液で、浸すように店内を清掃するのは非現実的。
普段通りの水拭きを除菌水拭きにしてくれる、ピュアスター生成水はノロウイルス対策の決め手となります。

※感染者のおう吐物などの処理方法は厚生労働省の指示に従ってください

ピュアスターのノロウイルス対策コストは、
1リットルの微酸性電解水をつくるのに、約1円*。
殺菌効果には自信があります。

※標準濃度15ppmで使用した場合。薬液参考価格3,000円での目安コスト(原水の質および使用濃度等により異なります。)

ピュアスター生成水は、微酸性電解水という塩素系殺菌料のひとつです。塩素系殺菌料は、塩素が媒介役となり微生物の細胞膜などを酸化させ、破壊したり、生きていくために必要な酵素やDNAに反応して破壊したりすることで、結果的に微生物は生き続けることが難しくなり、死に至ると考えられています。

衛生的で便利な
ハンドセンサー出水。
衛生的で便利なハンドセンサー出水。
ボトルタイプ薬液は
自分で交換できる
ボトルタイプ薬液は自分で交換できる
  1. ●W287×D150×H297、軽量2.7kgのコンパクト設計
  2. ●設置は水道とコンセントにつなぐだけ
  3. ●水道と変わらず使える豊富な生成水量

ピュアスターオーナーの感想をごらんください。インタビュー動画

  • 鮮魚小売店 西浅さんの場合
  • 日本料理・分とく山さんの場合
  • 特別養護老人ホームみさよはうす土支田さんの場合
サンプルキットのお申し込み
いまなら、安心体験サンプルキット差し上げます。

※サンプルキットのお申し込みは法人の方のみとさせていただき、大変恐れ入りますが一般の方からのお申し込みはいただけません。

※サンプルキットの写真は生産終了したミュークリーンとなっておりますが、販売製品は「ミュークリーンⅡ」となります。