殺菌のメカニズム

ピュアスター生成水は、人にも環境にも優しい微酸性電解水。

ピュアスター生成水の殺菌効果

ピュアスター生成水ならほとんどの菌に効果あり

ピュアスター生成水は一般的な細菌や、カビなどはもちろん、食中毒を起こす大腸菌O111、大腸菌O157、
サルモネラやビブリオ、そのほか病原菌にも効果が実証されています。
また、ノロウイルスなどの、70%エタノールやアルコールでは効きにくいウイルス類、100〜200ppm
次亜塩素酸ナトリウム溶液では効果が少ないセレウス菌や枯草菌などの芽胞に対しても、
ピュアスター生成水なら効果があることが確認されています。

なぜピュアスター生成水は殺菌効果に優れているの?

ピュアスター生成水は、微酸性電解水という塩素系殺菌料のひとつです。塩素系殺菌料は、微生物の細胞膜などを塩素が媒介役となり酸化させて膜の構造を破壊したり、生きていくために必要な酵素やDNAに反応して破壊したりすることで、結果的に微生物は生き続けることが難しくなり、死に至ると考えられています。

なぜピュアスター生成水は殺菌効果に優れているの?なぜピュアスター生成水は殺菌効果に優れているの?なぜピュアスター生成水は殺菌効果に優れているの?

通常の状態

PURESTER水を流すと

微酸性電解水は何が良いの?

塩素濃度が低くてもしっかり効果の出せる「微酸性」は、肌へのダメージが少ない領域です。

酸性は塩素ガスのニオイが問題。肌にやさしいニオイもほとんどない殺菌効果もしっかり。アルカリ性は肌ダメージが問題低濃度では効果が低い高濃度ではニオイがキツイ。

また、電解水を作り出す際の原料に「塩酸」を使用することで、次のメリットを生み出します。

  • ①白残りしないので、すすぎがほとんど不要。
  • ②電解効率が良く消費電力も抑制。
  • ③電解方法は無駄な水が出ない方式(1室電解槽)。

つまり微酸性電解水は人にも環境にも優しい殺菌料。
ピュアスター生成水はこの優しさを活かした微酸性電解水なのです。