機材や設備は傷めない?

水道水に近い影響度です

ピュアスター生成水は、食材・設備・器具・床など
どこでも使える微酸性電解水。

ニオイも色も塩素残りもないので、
どこでも使え、すすぎは不要。

① 水道水 ② ピュアスター生成水 ③ 次亜塩素酸ナトリウム溶液で蒸発させた後の残留物を見てみると、③に白いナトリウムが多く残留していることが分かります。② ピュアスター生成水は、① 水道水と同等のレベルでした。

蒸発残留物比較 水道水:6.83mg/l ピュアスター生成水:6.48mg/l 次亜塩素酸ナトリウム溶液:106mg/l

蒸発残留物データ

他殺菌料や薬剤との比較

次亜塩素酸ナトリウムや強酸性水などと異なり、
ピュアスター生成水はサビも発生しにくい性質。厨房内や器具へも、安心してご使用いただけます。

ピュアスター生成水と各種塩素系殺菌料のステンレス(SUS304)腐食性を比較

1 水道水 5 47.9ppm 強酸性電解水
pH2.7
2 32ppm ピュアスター生成水
pH6(水道水原水)
6 21.6ppm 強酸性電解水
pH2.8((5)の 1/2 希釈)
3 32.75ppm ピュアスター生成水
pH2.97(RO 水原水)
7 58.6ppm 電解次亜水
4 100ppm
次亜塩素酸ナトリウム溶液
8 25.1ppm 微酸性電解水(塩化ナトリウム塩酸配合混合液電解)
pH6.4

※ステンレス(SUS304)金属片(10×3.8cm2)の表面に各殺菌料50μlを等間隔に滴下し、
25°Cで乾燥させた。これを20回繰り返し、表面の変化を観察した。

試験前

試験前

試験後

試験後

※材質に傷がある等、金属表面の状態により、さびる場合があります。
※さびは室内の換気によって左右されますので、ご使用の際は充分に換気をとってください。

ページトップへ戻る