どんな特徴の水なの?

微酸性電解水は、食品添加物 「殺菌料」に指定されています

調理器具を始め、食材にも安心してご使用いただけます。
※2002年 官報 第3378号
※2012年 官報 号外 第96号

ピュアスター生成水は万が一誤って口に入っても健康を害さず
安全であることが確認されています。
※生成に飲用適基準内の原料水を使用したピュアスター生成水でのラットを用いた毒性試験結果によります。

食品添加物殺菌料 規格範囲 主成分:次亜塩素酸(HCℓO) 塩素濃度
:10~80ppmの低濃度 pH:5.0~6.5の微酸性 規格範囲クリア微酸性次亜塩素酸水
食品添加物殺菌料 規格範囲 主成分:次亜塩素酸(HCℓO) 塩素濃度
:10~80ppmの低濃度 pH:5.0~6.5の微酸性 規格範囲クリア微酸性次亜塩素酸水

ピュアスターの生成概要フロー

ピュアスターの生成概要フロー

※ミュークリーン、Mp-300には希釈水ポンプがありません。

水中塩素の平衡図

ピュアスター生成水は、
有効塩素濃度10~30ppm、pH5.0~6.5の食品添加物です。

水中塩素の平衡図
水中塩素の平衡図

電解水は、強酸性と微酸性のみ食品添加物として認められていましたが、食品添加物規格基準の一部改正により、弱酸性電解水も食品添加物に指定されることに。酸性度によって強酸性電解水(pH2.7以下)、弱酸性電解水(pH2.7~5.0)、微酸性電解水(pH5.0~6.5)に3分類されます。微酸性電解水であるピュアスター生成水は、高い殺菌効果を持ちながら、臭いがほとんどなく肌にもやさしいのが特長です。

ページトップへ戻る