サスティナブルな成長を。

ピュアスターなら事前の準備や希釈、すすぎもほとんど必要ないうえ、
お客さまの前でも不快な塩素臭なく殺菌できるため、業務の流れをスムーズにし、
より効率的な生産やオペレーションを実現することができます。

仕事の流れを妨げず、
常に高い衛生レベルを保てる

  • 分とく山

    衛生管理は大切ですし、神経質になって当然のことですが、だからってギスギスした感じでやっているのも客商売としてはおかしいですよね。だから自然の流れの中で殺菌できていくことが、理想じゃないでしょうか。毎日続けられること、それが何より大切だと思います。

    17 Partnerships for the Goals
  • 西浅

    西浅はスーパーやデパートの中に出店する鮮魚小売業です。多店舗展開をする中で、デベロッパーさんにも高い衛生基準を求められますので、それを達成していこうという動きの中でピュアスターを導入しました。

    17 Partnerships for the Goals
  • デリシャス・クック

    ピュアスター生成水で野菜を洗って、脱水するだけ。すすぎが必要ないので工程が非常にシンプルになりました。以前は野菜の種類ごとにすべて殺菌マニュアルや時間が違っていたのですが、それがすべて同じ時間、同じ工程で処理できるというところで、パートの方が多い現場は仕事のしやすい環境になっています。

    17 Partnerships for the Goals

ピュアスター生成水は、
作業中のクリーンを保つ微酸性電解水

水道水と変わらない使い方なのに、
衛生レベルはどんどん向上。

水道水と同じように使用できるピュアスター生成水は、これまでの作業内容を変える必要がなく、水道水の代わりに使うだけで、これまでと同じ作業でも、 殺菌効果はその都度得ることができます。つまり、自分でも知らないうちに衛生性を向上させることができます。

水道水 薬剤使用時しか除菌できない
微酸性電解水 水がわりに使うだけでその都度除菌

※図は使用時のイメージです

※1:1日の作業終了時は薬剤でしっかり殺菌することをおすすめします

ニオイも色もないので、営業中でも使える。

塩素臭も少なく色もないので、お客様の前で使用していても不快感を与えません。微生物が増殖する前にこまめにピュアスター生成水で洗い流して除菌しましょう。

流しっぱなしで、ヌメリやニオイの抑制も。

塩素系殺菌料は様々な微生物(菌・ウイルス)に効果がありますが、pHによって特性が異なります。酸性領域では、塩素ガスの発生によるニオイやサビがデメリット。アルカリ性領域では、皮膚ダメージに加え、十分な殺菌効果を得るためには高い濃度が必要となり、使用時のニオイがデメリットでした。ピュアスター生成水はそんなデメリットがない、使いやすい塩素系殺菌料なので水で洗う作業のほとんどに使うことができます。

具体的にはどうやって使えるの?

  • 通常の水と同じようにダスターやまな板にご利用いただけます。

  • 食品添加物指定殺菌料なので食品洗浄にもご利用いただけます。

  • 低塩素濃度で排水設備に負担がかからず気軽にご利用いただけます。

  • 幅広い微生物に有効だから、感染予防策にも。

  • 発生源の微生物を除き、ニオイも抑えます。

  • 継続使用で黒カビやヌメリを抑えます。